ホンダの新型スポーツモデル「CBR250RR」の全貌が明らかに!

ホンダのインドネシアの生産・販売会社ピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーターが、新型の250ccスポーツモデル「CBR250RR」を発表したので紹介しましょう。

CBR250RR

「CBR250RR」は、販売の主要国であるインドネシアで生産されます。同国で生産するホンダの二輪車としては、最大排気量のモデルだそうです。

力強さと速さを直感させる独自のスタイリング

ヘッドライトは「CBR」らしさを踏襲したデユアルLEDを採用。先鋭的なウェッジシェイプで、エキサイティングな走りのイメージを実現しています。

新開発の直列2気筒エンジン搭載

新開発の水冷4ストロークDOH4バルブ直列2気筒250ccエンジンを搭載。街乗りでの扱いやすさに加え、サーキットでの走行にも対応可能な出力特性を実現。

また、スロットル・バイ・ワイヤシステム(電線によって開閉する電子制御のスロットル)や、SPORT+、SPORT、COMFORTの3つのエンジンモード設定により、上質で安定感のある加速フィールを獲得しています。

新開発の車体・足回り

フレームは新設計の鋼管トラス構造を採用。スイングアームにはアルミ製ガルアームタイプを採用し、車体のスリム化とバンク角の確保を実現。サスペンションは、フロントに倒立タイプを、リアには5段階にプリロード調整が可能なプロリンク・サスペンションを搭載しています。

またブレーキは前後にABSをタイプ設定しています。

カラーバリエーションは3通り

マットガンパウダーメタリック

アンカーグレイメタリック

ホンダレッドレーシング

「CBR250RR」はマットガンパウダーメタリック、アンカーグレイメタリック、ホンダレッドレーシングの3色展開で販売されるようです。

初代CBR250RRはこうだった

「CBR250RR」といえば、おじさんホイホイな名車として有名ですよね。この新型CBR250RRは、1990年から発売され2000年まで生産されていたスーパースポーツモデルのリメイクシリーズとなります。が、だいぶ印象が違い、現代的にスタイリッシュさがアップしてますね。

ちなみに今回発表された「CBR250RR」は2016年末にインドネシアでの発売を計画し、今後、日本国内での発売も計画しているとのことです。日本での販売される日が楽しみですね。それでは、プロモーション動画のほうご覧下さい。

いかがだったでしょうか。「CBR250RR」の迫力あるマスクと、250ccにそぐわないスパルタンなボディ…本当にインドネシアデビューが惜しいと思えるほど、素敵なバイクですね。日本での販売を一日千秋の思いで待ちましょう。

CBR250RRのスペック

エンジン:水冷4ストローク4バルブ並列2気筒

排気量:249.7cc

ボア×ストローク:62×41.4mm

トランスミッション:6速リターン

タンク容量:14.5L

フレーム:トラスフレーム

最低地上高:145mm

シート高:790mm

タイヤサイズ:F-110/70-17、R-140/70-17

カラー:マットガンパウダーメタリック、アンカーグレイメタリック、ホンダレッドレーシング

価格・発売日:未定

参考 – HondaWE LOVE HONDA、Youtube : All New Honda CBR250RR

]

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。