ビッグシングル搭載!CCM製カフェレーサー・スクランブラー・フラットトラッカーが良い感じ!

今年の2月、当サイトでは「イギリスのオフロードバイク・メーカーのCCMがフラットトラッカーを発表する!」とお伝えしました。

ビッグシングルの新しいカタチ!CCM「Spitfire」はイギリス生まれのフラットトラッカー!

総排気量600ccの水冷単気筒DOHC4バルブ(チタンバルブ!)エンジンを搭載、車両重量125kgと軽量なビッグシングルでした。販売開始の期待が高まっていましたが、遂に同社のラインアップに正式に加わったのです。

それがコチラ!モデル名は「Spitfire Flat Tracker」。CCMの”Spitfire”シリーズは、ベースとされるロードスポーツを中心に、カフェレーサーとスクランブラーがラインアップされていたのですが、これでシリーズが完結されたわけです。

今回追加された「Spitfire Flat Tracker」は、シリーズ共通のエンジン(水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブエンジン)を、これまたシリーズ共通の同社(イギリス)で溶接された美しいトレリスフレームに搭載。サスペンション・ブレーキには高機能パーツをセレクト。アップハンドルと縦二眼LEDのフロントフェイスが特徴となっています。

Spitfireシリーズが出揃った!

ここからは、”Flat Trackerがリリースされたことで出揃った、”Spitfire”シリーズのカフェレーサー&スクランブラーをご紹介しましょう。

まずはカフェレーサーの「Spitfire Cafe Racer」。エンジン&フレーム、機能パーツは基本的にシリーズ共通としているのがCCM”Spitfire”の特徴です。

エンジンは総排気量599ccの水冷単気筒DOHC4バルブ。バルブはチタン製を奢っています。

ボア×ストロークは100×76.5mm、12.0:1という高圧縮比であり、最高出力は55bhp、最大トルクは58N・mと実にパワフルなのです。

フロントフォークは”WP”製倒立フルアジャスタブル。トラベルは120mm。フロントブレーキは、ブレンボ製キャリパー+320mmディスク。これらはシリーズ共通の機能パーツです。

カフェレーサーのホイールは前後19インチ。削り出しハブに軽量アルミリムという組み合わせです。

それより何より”Spitfire”シリーズの魅力は、オフロードバイク・メーカーとは思えないセンスの良さ!

カフェレーサーには、アルミ製のメーターバイザーとセパレートハンドルを装備。コックピットから、タンク&シートのラインが秀逸!クラシカルなカフェレーサーを具現化しています。

そしてシリーズの中核を成すもう1台が「Spitfire Scrambler」。

コチラも共通のエンジン&車体ですが、ホイールサイズを前19&後17に変更したうえでアップフェンダーを装着。ハンドルバーもブレース付きのアップタイプとすることで、見事なスクランブラー・スタイルに変更させています。

本革張りのデュアルシートにはステッチが入れられています。

マフラーもスクランブラーに似つかわしく、アップタイプに変更されています。

いかがでしたでしょうか?「Spitfire Flat Tracker」のリリースに合わせて、CCM「Spitfire Cafe Racer」&「Spitfire Scrambler」をご紹介してみました。

皆さんは、どのモデルがお好みですか?

参考-CCM Motorcycles
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。