世界最速のバイク、ダッジ 「トマホーク」はもはやバイクの領域を超えている!

今回は世界最速のバイクと呼ばれる、何もかもが規格外のモンスターマシン、ダッジ「トマホーク」について語ってみようと思う。

V10エンジンを搭載し、タイヤも4輪ってバイクなの?

ダッジ「トマホーク」の製作年は意外と古く、2003年のデトロイトオートショーにコンセプトモデルとして出展されたことが始まりとされている。

スーパーカーとして知られるダッジ 「バイパー」に積まれている排気量8,300ccの V10エンジンを搭載し、タイヤも横から見ると前後輪は1本に見えるが、実際には前後2本ずつのタイヤが独立して装着されている…つまり、バイクに見えるが4輪なのだ。当然、自立することも可能である。

最高出力は500馬力!最高時速は驚異の480km!?

巨大なエンジンの両脇に伸びるキゾーストパイプが何とも獰猛な雰囲気を感じさせるダッジ「トマホーク」。しかし、このバイクが規格外なのは外観だけではない。その性能こそがモンスターと呼ばれる所以なのである。V10エンジンが弾き出す馬力は何と驚愕の500hp。そして最高時速は480km/h!  ちなみに、計算上だけなら時速680㎞にも及ぶというのだ。

ダッジ「トマホーク」は普通に公道走行も可能

奇抜なだけで走れないコンセプトモデルなら珍しくはないのだが、ダッジ「トマホーク」に関しては、世界最速なだけあって、当然、普通に公道走行も可能となっている。

価格もケタ外れな55万ドル(約5,636万円)だが、限定10台が作られたとのことである。それでは最後に動画でダッジ「トマホーク」の勇姿を確認していただこう。

「ダッジ・トマホーク」がトレーラーから引き出されて普通に走っている走行シーンが確認できる。

「ダッジ・トマホーク」のスペックなどについて事細かく説明される。

同じV10エンジンを搭載したダッジ「バイパー」とダッジ「トマホーク」のバトルが展開される。

いかがだったろうか。ダッジ「トマホーク」の魅力が伝わっただろうか。

価格はさておき、一度運転しみたくなるほど、好奇心を掻き立てられるバイクだったのではないだろうか。ちなみに筆者はビビりにつき、跨がるのも気が引けるので、遠目から走っているところを眺めるくらいで十分だ。

ダッジ・トマホークのスペック

全長×全幅×全高:2590.79×703.58×937.25mm

ホイールベース:1,930.4mm

シート高:736.59mm

車重:675kg

タイヤ:49F / 51R

燃料タンク容量:12L(3.25ガロン)

参考 – DudeIWantThat.com、Youtube : Dodge Tomahawk vs Dodge Viper – YouTube、 Dodge Tomahawk Data and SoundDodge Tomahawk Test Ride

センカクダイバー

センカクダイバー

悲運の元パチンコ・パチスロライター。ベスパ歴27年、ミニクーパー歴2年のモッズ系猛禽類。旧車を好むクセに機械イジりや整備はサッパリというご都合主義者。