アメリカ発!新旧融合が美しいホンダ「CB750 Four」のカフェレーサーカスタム

世界で初めて直列4気筒エンジンを搭載した大量生産車として人気を博したホンダ「Dream CB750Four」が登場したのは1969年。それから50年近くが経とうとしていますが、その人気は未だ衰えを知りません。今日は、そんな「CB750」をベースにした”週末を楽しむために”作られた素敵なカフェレーサーをご紹介いたしましょう。

チューンナップは吸排気系のみ

s_1

s_IMG_6639

エンジンはO/Hされていますが、チューンナップは吸排気系のみに留めているためフレーム補強は不要と判断。ということで、このカフェレーサーの特徴は”足周り”のポテンシャル向上にあります。

“足周り”のポテンシャルを向上させた

IMG_9431

フロント回り(フォーク&ダブルディスク等)はスズキ「GSX-R750」の流用。純正品のようにビシっとキマっているのは製作者である”Cognito Moto”オリジナルのステム&ベアリングキットの効果です。ステム外径とヘッドチューブ内径にピッタリとあったベアリングセットを用意しています。

s_2_16b9572a-16ec-4f35-8364-d623a6d56585

フロント回りの強化に合わせて、リアショックには”Fox”のPodium RC1をセレクト。ボルトオン装着可能なうえフルアジャスタブル。セッティング次第でハードな走りにも対応できる、ストリートユースに最適なショックとして、CBのスペシャリストである”Cognito Moto”のオススメ品です。前後18インチのスポークホイールもキマっています。

キャブレターはノーマルながらアルミ削り出しのフィルターボックスに換装

s_IMG_9485

キャブレターはノーマルを継続使用しつつ、同社オリジナルのアルミ削り出しのフィルターボックスに換装。安易にK&Nを使用しない所にスペシャリストの気概が現れています。

s_IMG_9451

バックステップも同社オリジナル品。排気系は”Cone Engineering”の4-1マフラーを採用しています。

カフェレーサーということで、大事なバイクの顔=ガソリンタンクには「Dream CB750Four」の後輩にあたる「CB750F」用を流用。オリジナルのカウル付きシングルシートとマッチしています。

“Cognito Moto”では、この素敵なカフェレーサーを販売中です。車輌本体価格は1万2,995ドル(約142万円)。オーバーホールされたエンジンを搭載された車両であることと、カスタムの完成度の高さを考慮すると、充分に妥当なお値段かと思います。ご興味のある方は、同社ウェブサイトで詳細をご確認のうえ、問い合わせてみてくださいね。

参考 – Cognito Moto

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。