これは便利!その場でグルグル動かせるバイクスタンド「Dynamoto」

日本の乗り物好きの多くが持つ共通の悩みが、駐輪スペースではないでしょうか。決して広いとは言えないガレージ内に、クルマとバイクが同居するなんて当たり前。そこに家族の自転車や、下手をすると家財道具が置かれ、洗濯物を干されてしまうことすらあるかも知れません。車で出掛けるためにバイクを動かしてからクルマを出して、元の位置に戻して、なんてしている内にバランスを崩して転倒、などという苦い経験をした方もいらっしゃるのでは?

そんなお悩みライダーにおススメしたい優れモノがオーストラリアで販売されています。それが「Dynamoto」です。まずは動画をご覧ください。

「Dynamoto」は停車状態にあるバイクを誰でも簡単に、そして自由に動かすことを目的として開発された、バイク用スタンドです。前輪と後輪をスタンドに立てた状態で、前後左右・斜めはもちろん、その場でグルグル360度だって動かすことだってできます。

リアアームの構造に合わせて2タイプが存在

s_dynamoto-motorcycle-stand-double-set-ktm

s_dynamoto-single-side-set-stand-ducati

共通のフロント用スタンドとセットで販売されるリア用スタンドには、リアアームの構造に合わせて2タイプが用意されています。上が両持ち用、下が片持ち用です。

ゴツいホイールが高い自由度を確保

s_dynamoto-motorcycle-storage-rotacaster

この非常に高い自由度を確保できる理由は、「Dynamoto」が装備するゴツいホイールにあります。Rotacaster™という名称のポリウレタン製ホイールが前後スタンドに各3個装備されており、それぞれが荷重を分担しながら、転倒させることなく自由に方向を変えるワケです。

なお、「Dynamoto」は本体価格675ドル(約7万5,000円)にて販売されています。

類似商品を目にしたことはありますが、3キャスターホイールを備えたスタンドを前後で用意しているのは珍しいと思います。車両の扱いに慣れたベテランさんにとっては「?」な高額商品かも知れません。が、これほど手軽に動かせるのであれば、車両を動かす際のストレスは大幅に軽減されるはず。(ひっそりカミングアウトしますが筆者のように)車両の取扱いが苦手なライダーは、決して少なくないはず!

我々のような万年ビギナーにとっては、大変ありがたい商品です。ご興味を持たれた方は、是非「Dynamoto」社に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

参考 – Dynamoto

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。