クラスを越えた質感!スズキ「GSX-R250」のディテール画像を大公開!

公式発表前にポロリを連発して情報が漏れ出ていたスズキ「GSX-R250」。そんなサービス精神に満ち溢れたスズキがリリースした、待望の250ccスーパースポーツです。

ようやくこの度、ミラノショー2016で公開されました! そしてメーカーによるディテール画像がザクザク出てきましたので、それらを中心に徹底的に紹介しましょう!

GSX-R250

リリース前から既に見慣れてしまった感のあったエクスターカラー。何度見てもカッコいい!

そのほか、ヨーロッパ各国で販売予定として公開されたのは以下のカラーです。

カラーラインアップがズラリと並ぶかと思いきや、コチラのブラックのみでした……。中国向けとしては6カラーもラインアップしていましたので、「GSX-R250」はアジアでの需要を見越したモデルということなのでしょう。

なお、中国向けカラーを今一度確認したい方は、過去記事で掲載しましたので、そちらをご覧ください。

さて、それでは本題の「GSX-R250」各部詳細画像をガンガンお見せして行きます!

GSX-R250 のエンジン

まずはエンジンから。センターチェーン式の水冷パラツインエンジンを搭載。SOHCであることも一目瞭然ですね。

実はこのエンジン、4ストローク250cc2気筒クラスで最高峰の燃費だそうです。カタログ数値ではありますが、ガソリン満タンで約477kmを走れると豪語しています。スゴイ!

あと、記事末尾にスペックを掲載しますが、このエンジンは近年では多くないロングストロークエンジンです。

バルブはチタン!というワケではないのですが、何故か画像が上がっていたので載せておきます。笑

マフラーもCAD画像が掲載されています。一般的な2-1ですが、英国サイトでは「キャタライザーの前にチャンバーを配置して最適化。ミドルレンジでの出力特性を高めている」と書かれています。2-1集合部の小さな空間を指しているのでしょうか?

GSX-R250 の外装

次いで外装。”GSX-Rシリーズ”共通デザインのフェアリングを纏います。ヘッドライトはもちろん、ポジションライトもLEDです。

コチラがライダーズビュー。250ccクラスを超越した質感が感じられます。低くセットされたセパレートハンドルはスーパースポーツの証。

先に詳細をご紹介した「GSX-R125」と同じく、キーレスイグニッションを採用しています。

メーターはフル液晶のデジタル。「GSX-R125」と共通と思われるデザインですが、視認性の高さは申し分なし!

フロントフォークは正立タイプ。ブレーキディスクはペタルディスクを採用しています。ここは倒立の方が良かった……。

こちらが前後ブレーキディスク単体のカット。サプライヤーがサンスターであることが分かります。

ホイールは前後キャスト。エクスターカラーの車両本体写真にはレッドのラインが入っています。

シート&シートカウルのデザインもスーパースポーツそのもの! 250ccクラスらしからぬ上質感さえ漂わせます。

ちなみにテールランプもLEDを採用しています。

走行画像と動画もあるぞ!

走行画像からも分かる通り、かなりスポーティな走りが期待できますね!

下記がオフィシャルのプロモーション動画ですので、あわせてご覧ください。

ファンが首を長~くして待ち望んでいた「GSX-R250」。一日も早い日本導入が待たれます。価格や日本仕様の詳細といった続報が入りましたら、追ってご紹介いたします!

最後にスズキUKのサイトに掲載されているヨーロッパ仕様のスペックを掲載しておきます。

GSX-R250 のスペック

  • 全長×全幅×全高:2,085×740×1,110mm
  • ホイールベース:1,430mm
  • シート高:790mm
  • 車両重量:181kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク2気筒 / SOHC2バルブ
  • 総排気量:248cc
  • 内径×行程: 53.5×55.2mm
  • 圧縮比: 11.5
  • 最高出力:18.40kW(25.02ps)/ 8,000rpm
  • 最大トルク:23.40N.m(17.26lb.ft)/ 6,500rpm

参考 – スズキ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。