本当に市販化するのか!? アウトドアに最適なホンダ「BULLDOG」

2015年のモーターサイクルショーで、ホンダが発表した「BULLDOG」。アウトドアライフで楽しく活躍するイメージを具現化したというだけあり、”夢のあるコンセプトモデル”止まりかと思われていましたが、ここへきて真剣に市販化が検討されているようなので、あらためてご紹介いたします。

ホンダ「BULLDOG」とは?

「BULLDOG」は「愛すべき旅の相棒」をテーマに、アウトドアライフでの活躍を前提として作られたコンセプトバイクで、モーターサイクルを使った楽しいレジャーの提案を具現化しています。

具体的には、前後に15インチサイズのワイドタイヤを履き、低重心フォルムを採用したことで、730mmという低いシート高を実現し、良好な足着き性を持たせています。

アウトドア向けレジャーバイク

水冷4ストロークDOHC直列2気筒400ccエンジンを搭載。6速トランスミッションを採用し、市街地から郊外までの幅広いシチュエーションでの軽快な走りを実現しています。

ガソリンタンクの両サイドに小物が収納できるスペースを備え、キャンプツーリングなどに対応したキャリアを採用するなど、多用途に使えそうな一台となっています。

ホンダ「BULLDOG」のスペック

  • シート高: 730mm
  • エンジン型式: 水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒
  • 総排気量: 399cc
  • トランスミッション: 6速
  • タイヤ :前後15インチ

ホンダが特許を出願

市販化に向けての動きとは、まず、ホンダが日本で特許を出願したことです。

特許の内容は、以下の通りです。

  • エンジン周りのエンジンガード
  • また、そのマウント方法に関するもの
  • 燃料タンクの左右にあるストレージユニットに関して

明らかに「BULLDOG」に関連するもので、これはもう市販化も時間の問題ではないか?となるわけです。

スクランブラーともアドベンチャーとも違った魅力を持つ「BULLDOG」。どこか同社の「ZOOMER」や「PS250」などと共通した、ストリートでの遊び心を感じさせますね。市販化されるのなら、ぜひ一度試乗してみたいものです。

参考 – HondaVisordown

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。