純正部品を受注生産!ホンダ「CB750Four」&「NSR250R」オーナーは大人買い必至!

オリジナルの状態を重要視する旧車好きにとって、純正部品の欠品は実に頭の痛い問題です。社外品で急場を凌ぐことができる場合もありますが、どうしても純正部品にコダワリたい気持ちがあるのも事実です。

もちろん社外品を探すことが困難な部品も少なくないわけで、そんな場合は走行させることすら困難になってしまいます。

「CB750Four」の純正部品が受注生産される!

そんな悩める旧車オーナーを救うべく、ホンダが頑張ってくれました!

この度、当時のグランプリマシン直系であることを感じさせる、4シリンダー、4本マフラーのエンジン構造を基調とし、二輪車で初のディスクブレーキを採用し発売された「CB750Four」の一部パーツの受注生産を発表したのです。

レース活動で得た技術を惜しみなく注がれた「CB750Four」は、日本のみならず世界的に人気を博した、いわゆる元祖”ナナハン”モデル。

そんな同車の型式K0、K1、K2、K4について、2017年8月31日(木)までの期間限定にて、パーツ受注生産が実施されるのです。

受注生産される部品は……

  • アームB,バルブロッカー
  • スプロケット,ドライブ
  • アウターCOMP.,クラッチ
  • センター,クラッチ
  • クラッチアウターリング
  • スプロケット,ファイナルドリブン
  • ピストン(STD)
  • エンブレム,R.フューエルタンク
  • エンブレム,L.フューエルタンク

という9点になります。

「NSR250R」用パーツも受注生産!

今回の受注再生産は、「CB750Four」だけではありません。なんと旧車と呼ぶにはまだ早いのですが、「NSR250R」についても対応してくれているのです!

今更ながらですが「NSR250R」とは、ロードレース世界GPで得た最新技術を惜しみなく投入して開発された2ストローク90度Vツインエンジン搭載のスーパースポーツバイク。当時はレーサーレプリカと呼ばれ、圧倒的な性能で80~90年代のレプリカブームをけん引した人気モデルです。

コチラも受注期限は8月31日(木)まで。対応型式は、MC16、MC18、MC21、MC28となっています。

再販される部品は、なんと29点。実のところ「CB750Four」でなく、コチラがメインですね。

  • ホルダー,ニードルジェット
  • ニードルCOMP.,ジェットC
  • バルブセット,スターター
  • スクリューセット
  • フロートセット

といった吸気系スモールパーツを中心としたラインアップとされています。

「CB750Four」&「NSR250R」オーナーにとって実に嬉しい今回の純正パーツの受注再生産。その詳細はホンダのウェブサイトに記載されていますので、再販パーツ詳細のほか(当たり前ですが)対応型式などご確認くださいね。

今後も、こうした純正パーツの再生産を各メーカーが積極的に行ってくれることを願ってやみません!

参考-ホンダ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。