500台限定!クロムメッキ仕上げのホンダ「モンキー・50周年スペシャル」は”50cc”最後のモンキー

1967年の初代「Z50M」の誕生から50年の迎えた2017年3月、予定されていた通り50周年アニバーサリーモデルがリリースされた、ホンダが世界に誇るレジャーバイク「モンキー」。

完成度は30周年より高し!ホンダ「モンキー」50周年アニバーサリーは初代モンキーがモチーフなのだ!

ですが、その直後に生産中止が発表され、多くの愛好家が涙を流したものでしたが……

モンキー・50周年スペシャル

この度、ホンダ自身が50cc最終モデルと明言する「モンキー」として、「モンキー・50周年スペシャル」が500台限定で発売されます。

スチール製の前後フェンダーや燃料タンク、ヘッドライトケース、サイドカバーに、仕上げの美しさを追求したクロームメッキが施されているのが特徴。

このような感じです。

また、足回りにはブラックペイントが施されており、引き締められた印象。

シートはモノトーンのチェック柄を採用。可愛らしい感じです。

タンクバッジの復刻デザインのウイングマーク、サイドカバーの50周年記念の立体エンブレム、燃料タンク上部やシート後部、メインキーの50周年記念ロゴなど、50年を記念した特別な装備を採用しています。

500台限定!申込はWebで!

「モンキー・50周年スペシャル」は、7月21日(金)10時より、専用ウェブサイトで受注が開始されます。本記事末尾の参考欄にリンクを貼っておきますので、ご興味を持たれた方はどうぞ!500台限定です。

気になる車両本体価格(消費税込み)は、43万2,000円……驚くほど高価ですが、こうせねば販売できないほど現実は厳しいのでしょうね。

モンキーの後継モデルが登場予定!?

ところがですよ、今回ホンダが発表したリリースを読むとですね……

モンキー・50周年スペシャルは50cc「モンキー」の最終モデル

と記載されているのです。コレって125ccモデルを出すと言っているようなモノじゃないですか!

であれば、2016年3月に開催されたバンコク国際モーターショーに展示されたグロムベースのモンキーが、その候補なのか、と思えて来るワケです。

その後、インドネシアの情報サイトではCG画像が出回っていたりもしました。

嘘か誠か!? ホンダ・モンキーの50周年記念モデルに新たな情報が…!

その辺の顛末は過去記事でどうぞ!

いずれにせよ、1967年の登場から50年、遂に「モンキー・50周年スペシャル」が、最後の50ccモンキーであることに違いありません。悲しいですな~。

しかし希望が見えたのも事実。ホンダさん、50ccでない次世代モンキーも期待していますよ!

参考-ホンダモンキー・50周年スペシャル受注サイト
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。