50周年スペシャルが発売される!モンキーの歴史を2分で知る(前編)

ホンダから初代モンキー(Z50M)が発売されたのが1967年。そして今年は2016年。ということで、「モンキー 40周年記念モデル」の発売時期にならうと今年の年末、いや、もしかすると2017年初めに、間違いなく「モンキー50周年記念モデル」が発売されます!

まずは記念モデルの復習から

s_mc199702_z50j04_01001H

コチラが1997年2月に発売された「30周年記念モデル」。タイトル画像の初代をモチーフとしたカラーリングを採用していました。

こちらは40周年記念モデル

s_mc0612007H

これが2006年12月にリリースされた「40周年記念モデル」。同じく初代をモチーフにしながら、タンクとフロントサスペンションをブラックに、リアショックと前後ホイールをレッドにペイントして、新しさと懐かしさを共存させています。

というワケで、遠からぬうちに「50周年記念モデル」の情報が出てきます。その前に今回は、モンキーの歴史を駆け足で振り返り、予習しておきましょう。

モンキーのご先祖様「Z100」

s_mc196100_z10001_01001H

これが初代モンキー(Z50M)の”おじいちゃん”にあたる「Z100」。

多摩テックの遊具として提供され、子ども達にオートバイの楽しさを教えてくれました。その子孫が50年後にも販売され続けるとは、当の”ホンダ”も思ってもみなかったことでしょう。前後ホイールは5インチと現行モデルより小さく、前後サスペンションは未装備。三角形のガソリンタンクは樹脂製です。エンジンは当時のスーパーカブ「C100」用の流用で、バルブ駆動はOHVでした。

これがモンキーのお父さん「CZ100」

s_mc196300_cz1001_01001H

s_mc196300_cz1001_01002H

s_mc196300_cz1001_01003H

これが初代モンキー(Z50M)の”お父さん”に当たる「CZ100」。

エンジンは引き続き「C100」カブ用。サスペンションのない前後リジットの車体構成は「Z100」そのままですが、フレーム形状は変更されています。ガソリンタンクは「C111」スポーツカブ用の流用。まだまだ寄せ集めで作った感じ。

そして初代モンキー「Z50M」

s_mc196700_z50m01_01001H

s_mc196700_z50m01_01002H

そして、これが初代モンキー「Z50M」。

まだ前後リジッドのままですが、チェック柄の畳めるシート(銀色のレバーを引くことでシートポストが倒れる)&畳めるハンドル(トップブリッジにある黒いプラスチック製パーツを緩める)の採用によりクルマへの積載がラクになりました。この初代から、大人も楽しめるレジャーバイクとしてのコンセプトを与えられました。エンジンもカブのアップグレードに伴い、OHCになっています。

フロントサスがついたぞ「Z50A」

s_2690718_001H

いよいよフロントにテレスコピックフォークが装備された1969年発売の「Z50A」。ホイールサイズも8インチとなり、走行性能も向上しています。

その翌年に早くもモデルチェンジ「Z50Z」

s_mc197004_z50z01_01001H

その翌年、1970年にリリースされた「Z50Z」。アメリカでは「Mini Trail」と呼ばれ、未だに人気の高いモデルです。

当初は子ども向けの遊具だったモンキーの”おじいちゃん”ですが、発売から10年強をかけて、徐々にレジャーバイクというコンセプトを与えられて成長していったことが分かります。この後、どのように進化して行ったかは、後編にて!

参考 – HONDA

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。