50周年スペシャルが発売される!モンキーの歴史を2分で知る(後編)

50周年スペシャルが発売される!モンキーの歴史を2分で知る(前編)』では、フロントにテレスコピック・サスペンションを装備した1969年発売の「Z50A」、1970年発売の「Z50Z」までをご紹介しました。

後編となる今回は、それ1970年以降に発売されたモンキーについて見て行きましょう。

リアサスもついたぞ「Z50J」

s_mc197402_z50j01_01001H

初めてリアにもサスペンションを装備したモデル「Z50J」。このモデルは1974年に登場しました。四角いガソリンタンクはガソリン容量が4Lだったことから、通称”4Lタンク”と呼ばれます。(そのままですね…)

高値で取引されるゴールドモンキー

s_mc198409_z50j04_01002H

1984年にリリースされた限定カラー、通称「ゴールド・モンキー」。他のバイクではお下品な感じになってしまい、あり得ないカラーリングですが、なぜかモンキーなら許されるのが不思議です。

エンジンが一新されました!

s_mc198504_z50j01_01002H

1985年モデルでは新型のエンジンを搭載して出力が向上。4速リターン式ミッションが採用されました。

1992年には電装系がそれまでの6Vから12Vに変更されました。それに併せて、ポイント点火からCDIとされました。なお、この前後でパーツの互換性がない場合がありますのでご注意ください。

いよいよ2000年代のモデル

s_mc200001_z50j01_01001H

2000年に発売されたスペシャルカラーは「Z50Z」をモチーフにしていました。原点回帰とも言えるノスタルジックなカラーリングが良いですね。

CB750Fモチーフのカラーリング

s_mc0412001H

2004年にリリースされたスペシャルは、AMAスーパーバイク・デイトナ100マイルレースでフレディ・スペンサーが駆った「CB750F」をモチーフとしたカラーリング。

ゴールドの次は当然シルバーでしょ!

s_mc0512005H

2005年にリリースされた、通称「シルバー・モンキー」。ゴールド・モンキーと同様に、クロームメッキされたパーツが多様されています。

モンキーにもインジェクションの波が…

s_mc0901020H

そして久しぶりのモデルチェンジが実施されたのが2009年モデル。エンジンが変更となり、吸気系にはフューエル・インジェクションが採用されました。ガソリンタンクとシートの形状も変更されています。4Lタンクのイメージを踏襲しています。

バカ売れらしい…くまもんバージョン

s_mc1403001H

最後は変わり種をご紹介。2014年にリリースされた、熊本のご当地キャラ「くまもん」のスペシャル・バージョン。こんなお遊びもアリでしょう!

いかがだったでしょうか? 駆け足でご紹介しましたが、前編と合わせて、モンキーの歴史をサッと振り返ってみました。これで終わりにしようと思ったのですが…懲りずに次回は番外編をお届けします。あと1回お付き合いください!

参考 – HONDA

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。