アメリカンバイクブームの先駆者と言えばコレ!ホンダが生んだ名車「REBEL」

最近ではイベントやバイクミーティングくらいでしか見かけることもなくなってしまったが、過去、2度に渡りブームを巻き起こしたホンダの名車「レブル」をご存知だろうか? アメリカンと言うよりはシングル系を思わせるエンジンが印象的なバイクである。1960年代、日本に正規輸入されるや、爆発的な人気を巻き起こしたハーレーダビッドソン。日本の各バイクメーカーもハーレーに対向すべく心血を注いで、アメリカンタイプのバイクを製作した。そうして、今を遡ること約30年前の1985年、ホンダより誕生したのが「レブル」なのだ。

レブルはどんなバイクなのか

REBEL1型

セミダブルクレードルフレームに、エンジンは「250Tシリーズ」の流用である空冷4ストローク並列2気筒のMC06E型(233cc)を搭載。プルバックタイプのハンドルや左右出しのマフラー、足着き性の良いシートにハロゲンヘッドライト、そしてなにより純正とは思えない”ロー&ロング”なフォルムが特徴である。

なぜレブルが人気になったのか

REBEL4型

レーサーレプリカの勢いが盛んであった80年代に公開された映画「イージーライダー」により、チョッパーブームが訪れたことから一気にアメリカンブームの波に乗り爆発的な人気を博した。また、反逆を意味するネーミングがこの時代にマッチしたのかもしれない。

1999年に生産を終了

多くのバイカーを魅了し、愛され続けたレブルだが、1999年に排出ガス規制によってラインアップを終了。しかし、日本国外仕様として「CMX250」、北米仕様は「CMX250C」として販売が断続されている。ちなみに日本国外仕様として、CA125エンジンを搭載した125ccやCM450エンジンを搭載した447ccモデルも存在している。

日本では1型か4型まで発売されており、キャブレターやエンジンヘッド、サイドカバーやシッシーバーなど、年代によってディテールが異なる。お探しの方は自分好みの一台を見つけるといいだろう。

参考 – Honda

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。