実はストリート最強!? 国内販売が開始されるカワサキ「Z650 ABS」はスポーティで扱いやすい!

カワサキが続々とニューモデルを発表していますね! Ninjaシリーズ、Zシリーズともに着々とラインアップが充実してきました。

今回は、新たに国内販売が開始される「Z650 ABS」をご紹介しましょう!

カワサキ「Z650 ABS」

コチラが「Z650 ABS」。気軽に乗れる扱い易さと優れたスポーツ性能を両立した、ミドルクラスのネイキッド・モデルです。

軽量でスリムな完全新設計のフレームは軽快なハンドリングに貢献。パワフルなパラレルツインエンジンは低中速回転域での豊かなトルクと高速回転域でのスムーズな吹け上がりを獲得しています。

スーパーネイキッド「Z」の誇る五感を刺激する乗り味、「Sugomi」パフォーマンスと先鋭的な車体形状の「Sugomi」デザインを継承。エキサイティングでありながら親しみ易さも加味したパッケージがライダーを魅了します。

「Z650 ABS」のディテール

軽快なハンドリング特性に貢献する完全新設計のトレリスフレームとスイングアームを採用しています。

そこに搭載されるのは、力強い加速と扱いやすさを生み出す総排気量649ccの4ストローク水冷パラレルツインエンジンです。

カワサキが大排気量車への装備を進めている、軽い操作感とバックトルクリミッター機構を備えたアシスト&スリッパークラッチは、もちろん本車両でも装備しています。

コンパクトなデザインとマスの集中化に貢献するアンダーエンジンマフラーを装備しています。

軽快なハンドリングと高い走行性能を実現する、41mm正立テレスコピックフロントフォークを装備。フロントブレーキは、デュアルピストンキャリパーと300mmペタルディスクの組み合わせです。


リヤサスペンションは、プリロード調整が可能なホリゾンタル・バックリンク式です。


リアブレーキには、220mmのペタルディスクを装備しています。

容量15リットルと、長距離ツーリングにも耐えうる充分な容量を確保したフューエルタンクを採用。

シート高790mmと、スタイリッシュなデザインながらも、良好な足つき性を実現しています。


優れた視認性を実現したスタイリッシュな多機能メーターを搭載。シフトチェンジの正確性を高めるギヤポジションインジケーター、スポーティな印象を高めるシフトアップインジケーターを装備しています。

5段階の調整が可能なクラッチレバーとブレーキレバーを装備。

「Z」の文字が浮かび上がるLEDテールランプが、リアビューを引き締めます。

ちなみに、ETC車載器キットは標準装備されています。

「Z650 ABS」のカラーラインアップ

カラーラインアップは、ここまでに掲載した”パールフラットスターダストホワイト×メタリックスパークブラック(WT1)”と、この”メタリックフラットスパークブラック×メタリックスパークブラック(BK2)”の2カラーとなります。

「Z650 ABS」の発売日と価格は?

いかがでしたでしょうか? 詳細をご覧いただければ、この「Z650 ABS」が「Ninja 650 ABS」のネイキッド版であることが、お分かりいただけたと思います。

定評のあるカワサキのパラツインエンジンと軽量な車体、それに「Z」のアップライトなポジションを考慮すると、「Z650 ABS」はストリート最強と言えるかも知れません。

発売日は5月15日とされています。そして気になる車両本体価格は……現時点では未発表。完成度の高いバイクだけに、金額が気になるところですね……

「Z650 ABS」のスペック

  • 全長×全幅×全高:2,055×755×1,080mm
  • ホイールベース:1,410mm
  • シート高:790mm
  • 車両重量:187kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク並列2気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:649cc
  • 内径×行程:83.0×60.0mm
  • 圧縮比:10.8
  • 最高出力:50kW(68PS)/ 8,000rpm
  • 最大トルク:65N・m(6.6kgf・m)/ 6,500rpm

参考-カワサキ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。