これは歴史的に超貴重!1953年のメグロ・Y型「レックス号」のCM

マジェスティを始めとするビッグスクーター、キムタク主演のドラマで火がついたTW、パッソルなどのソフトバイク、汚れた英雄を皮切りに巻き起こったレーサーレプリカ、暴走族、カミナリ族、そんなブームよりもずっと昔の話。

1953年に放映されたメグロ・Y型「レックス号」のCMをご紹介いたします。

ムーヴィー・アド「スピード時代」

meguro-cm1これは歴史的に超貴重!1953年のメグロ・Y「レックス」のCM

「箱根ぇ〜八里ぃ〜」というBGMと共に、タイトルが映し出されます。

ちなみに「日本電報通信社」は今の「電通」で、「ムーヴィー・アド」とは直訳すると「動画広告」つまりCMのことです。

これは歴史的に超貴重!1953年のメグロ・Y「レックス」のCM

のんびりの米俵を運ぶ馬の横を、颯爽とバイクが通り過ぎます。

続いて「スピード、スピード、スピード時代」と入るナレーションの朗らかさに時代を感じます。

これは歴史的に超貴重!1953年のメグロ・Y「レックス」のCM

登場するこちらのバイクは「メグロ・Y型(REX号) 350cc」。その周りを500ccの「Z型」、300ccの「ジュニア号」が並走しています。何より「ノーヘルじゃん!」とお思いでしょうが、この当時はヘルメット着用義務などありませんでした。それどころか、ヘルメットなんて被ると、過度にスピードを出すと疑われ、逆に警戒されていました。

「婦人・子どもにも操作の容易なメグロ号は…」とナレーションが伝えておりますが、”子ども”はさすがに危険ですね。

これは歴史的に超貴重!1953年のメグロ・Y「レックス」のCM

メグロといえば、英国トライアンフと並んでオートレース界でも活躍していたメーカーです。

これは歴史的に超貴重!1953年のメグロ・Y「レックス」のCM

当時のオートレースがダートであったことを今に伝える貴重な映像でもあります。もはやこれはフラットトラックレースですが。

「オートバイ時代を大きくリードするメグロ号にご期待ください」という、その後の運命を知らぬナレーションに、少しセンチメンタルになってしまいます。

それでは、本当に貴重な当時の映像なので、ぜひご覧ください。

いかがだったでしょうか。貴重な映像であるとともに、とてもノスタルジーな気持ちにさせてくれますね。

ちなみに、最後に表示された「合資会社福田モーター商会」は、メグロ自動二輪東京都総代理店だった会社で、今でも現存する会社です。さらに余談ですが、福田モータースはBMWやMotoGuzziを日本一売るほど販売力のある会社なのです! すごい!

【関連記事】

時代の波に呑まれていった今はなきバイクメーカーたち

誕生するのが早すぎた、廃盤になるには若すぎた ホンダの名車「GB400TT」

もはや消滅寸前?バイクの失われつつある純正機構…

オークションサイト「バイクカテゴリー」で買ってはいけないものベスト5!

1907年式の世界207台しかないハーレーが7,700万円で落札された!?

参考 – Youtube : MEGURO REX-Y 350cc Japanese Motorcycle of the 50’s (1953)メグロ350ccレックス號Y型 CM

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。