バイクの”Triumph”と下着の”Triumph”は関係あるのか?

同じ名前の商品や会社は、世の中に数多く存在している。

例えばピアノで有名な”YAMAHA”とバイクで有名な”YAMAHA”は、関連会社であるように。

“TRIUMPH”は”トリンプ”?”トライアンフ”?

今回疑問に思ったのは、バイクやクルマの製造メーカーである”TRIUMPH(トライアンフ)”と、女性用下着製造メーカーである”TRIUMPH(トリンプ)”だ。

英語表記のスペルは同じだが日本語の発音が違う。はたして、この二社は関連会社なのか。

“トリンプ”と”トライアンフ”は関連会社なのか?

英語表記で”TRIUMPH”だが、英語発音だと”トライアンフ”となり、ドイツ語発音だと”トリンプ”となり、歴史を辿っていくと全くの別会社である。

ちなみに”TRIUMPH”は、「勝利、成功」をという意味の単語だ。

“トライアンフ”の歴史

トライアンフ社は、イギリスで自転車の製造から始まった会社で、130年以上の歴史を持つバイク製造メーカーである。その昔、四輪部門と二輪部門があったが、四輪部門は世界恐慌の影響で早々に撤退し、BMW社に吸収合併された。その後二輪部門も吸収合併や倒産という荒波を乗り越えて、現在の”トライアンフ・モーターサイクル”社として存続している。

日本法人は”トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン株式会社”。

“トリンプ”の歴史

トリンプ社は、ドイツのコルセットの職人であったヨハン・ゴットフリート・シュピースホーファと、商人のミヒャエル・ブラウンによって立ち上げられた、こちらも約130年の歴史を持つ女性下着製造メーカーである。当初はコルセット製造所「シュピースホーファー&ブラウン」として設立したのだが、1902年に”勝利”を意味する”TRIUMPH”を商標とした。

日本法人は”トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社”。

いかがだっただろうか。

今回調べてみたところ、全く関連性ゼロだったわけだが、実はトライアンフの創業者はドイツ人であり、トリンプが急成長を遂げたキッカケはイギリスからの大量注文であったなど、直接的ではないものの不思議なリンクをしている点もある。

歴史を紐解き探求していくことは、いくつになっても楽しいものである。

forRide編集部

forRide編集部

乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報を発信する「フォーライド編集部」です。 乗り物のある生活、楽しみ方を提案し続けます!