600台限定!Ninja250 ABS KRT Winter Test Editionが新発売!

レーサーライクなスタイリングと、クォータークラスにおいてトップクラスの性能が人気の、カワサキ「Ninja250 ABS」。そんなNinja250 ABSに“KRT Winter Test Edition”が追加されましたので、ご紹介いたします。

KRTの冬季テスト走行モデル!

17EX250R_BK2DLS2CG_C

Ninja 250をベースに、前後にラジアルタイヤを装着。リヤのタイヤ幅は150mmにワイド化。 迫力のリヤビューとグリップ性能を獲得して、パフォーマンスの向上に貢献しています。

17EX250R_BK2DRS2CG_C

デザインは、カワサキレーシングチーム(KRT)が冬季テスト走行に使用したモデルと同イメージのカラーリングを採用。

スモークハイスクリーンを装備し精悍なルックスと優れた防風性能を発揮しています。 加えてリヤタイヤのホッピングやスリップの抑制が可能なレース由来の先進テクノロジー、アシスト&スリッパークラッチを搭載。 KRTの名に相応しい卓越した走行性能と外観を併せ持つ特別な一台になっています。

スタンダードモデルからの変更点

  •  カラー&グラフィックの変更
  •  アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)の装備
  •  ラジアルタイヤへの変更
  •  リヤタイヤのワイド化
  •  フロントホイールリムのワイド化
  •  スモークハイスクリーンへの変更
  • スクリーンに特別デカールを採用

ウィンター・テスト・エディションとは?

そもそも”ウィンター・テスト・エディション”ってなんだっけ?  今回紹介しているNinja250 ABS以外にも、ウィンター・テスト・エディションが発売されていましたね。それは…

ZX-10R01

ZX-10R02

2016年モデルの「Ninja ZX-10R」で採用されていましたね!

ZX-10R03

今のところ250では詳細カットは未公開なので何とも言えませんが、スクリーンに貼付された雪のアイコンに”冬”の文字のデカールは、Ninja250 ABS KRT Winter Test Editionにも踏襲されることでしょう。「だから何だよ?」と言われたらそれまでですが、あるとないとでは、スペシャルエディション感が全然違います。

600台限定で11月1日(火)発売!

気になる発売日は11月1日(火)で、車両本体価格は59万4,000円(税別)となっています。高機能化される内容と限定車両の希少性を考慮すると、納得のお値段ではないでしょうか?

気になった方は、迷わずカワサキ正規販売店へゴー!

Ninja 250 Winter Test Editionのスペック

  • 全長×全幅×全高:2,015×715×1,165mm
  • 軸間距離:1,410mm
  • シート高:785mm
  • エンジン:水冷4ストローク並列2気筒 DOHC4バルブ
  • 総排気量:248cc
  • 内径×行程 / 圧縮比:62.0×41.2 / 11.3:1
  • 最高出力:23kW(31PS)/ 11,000rpm
  • 最大トルク:21N・m(2.1kgf・m)/ 8,500rpm
  • 車両重量:174kg

参考 – カワサキ

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。