SR乗り必見!ドイツのSR用カスタムパーツメーカー「KEDO」が日本で発売!

日本有数のパーツメーカーであるデイトナですが、実は日本よりも世界へ向けたパーツ展開の方がかなりのシェアを占めていたりします。なので、ヨーロッパのモーターサイクルショー等でのカスタマイズモデルにも、デイトナ商品が採用さていることがあるほか、世界中のモーターサイクルファンやビルダーの方々に喜ばれています。

日本のファンに向けてKEDO製品の取扱いが開始

そんな中、現在ヨーロッパでのカフェレーサーブームを牽引しているKEDOからデイトナでの取り扱いのオファーがあり、日本のファンに向けてKEDO製品の取扱いが開始となりました!

KEDOのSR用のカスタムパーツを紹介!

まずはKEDOアルミダイキャストで作られたフィン付きのジェネレーターカバー。カバー付属ネジは付かないのですが、アルマイトボルトなどでアレンジすることでワールドライクなカスタムに出来ます。バフ仕上げは1万7,000円で、ブラック塗装仕上げは1万8,000円。

KEDOのオイルフィルターカバー。空冷用フィン付きのクラシックデザインが◎。アルミダイキャスト製でバフ仕上げが5,000円、ブラック塗装仕上げが6,000円。意外に安価で手に入る値段設定も良いですよね。

そしてフィン付きのタペットカバー。こちらもバフ仕上げ(8,500円)とブラック塗装仕上げ(9,000円)の2種類があります。これは吸気側と排気側で2個セットでの販売ですね。

個人的に注目したいのはKEDOツインオイルライン(レース / ブラックホース 7,000円)ですね。ヘッドの吸気側ロッカーアームシャフトにもオイルを送り込めるので、カスタムエンジンへの耐久性向上といった面でも大変良いです。

更にツインオイルラインと同時装着をお勧めしたいのがKEDO強化オイルポンプ(2万2,000円)です。フィード側のオイルポンプを50%強化させ、シリンダーヘッドとクランクシャフトへのオイル潤滑を1.5倍に増加してくれますよ!

SRの人気は日本だけにとどまらない! これらのカスタムパーツを見れば、ドイツでもカスタマイズが盛んなことが伺えますね。ドイツ発の最新パーツを組み込んで、貴方のSRもワールドワイドなカスタムに仕上げてみてはいかがでしょうか。

参考 – DAYTONA

NANDY小菅

NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。バイクとアニメの探究者で著書に「アニメバイク本」、「ご奉仕大好き! メイド本」など。所有バイクは15台くらい。