スーパーチャージャー搭載!「TZ」モチーフのヤマハSR400カフェレーサー!

ノーマルのまま乗るもよし、カスタムしてもよし。世界的に幅広い層のライダーから支持されている、日本が誇るスタンダード・モデル、ヤマハ「SR400」。

今回は、そんなSR400にスーパーチャージャーを搭載したカフェレーサーをご紹介しましょう!

Krugger Motorcycles「SR400」

このカフェレーサーを製作したのは、ベルギーのコンストラクター”Krugger Motorcycles”。スーパーチャージャーに目が行き勝ちですが、実はヤマハGPレーサー「TZ」のテイストを見事に織り込んだマニアックな車両でもあります。

高出力化されたエンジンに対応するため、フレームはネック部分から加工が施されています。磨き上げられたフロントフォークはややローダウン。ガソリンタンクはノーマルをベースにストレッチ&ナロー化することで「TZ」テイストを醸し出しています。

Krugger SR400のディテール

注目のスーパーチャージャーはアイシン製「AMR300」をセレクト。サージタンクはカスタムされています。

インジェクションは取り外され、その代わりにS&S製48mmキャブレターが装着されています。排気系はエキパイをステンレスでワンオフ製作、サイレンサーは小振りなリバースコーンタイプとしました。

フロントフェイスには小振りなスクリーンを装着。ブレーキ一式とクラッチレバーは”Beringer”製で統一。レバー類をビレットパーツとすることで、ソリッドな仕上がりとなりました。

トップブリッジはSR400のノーマルを加工して、レーサーライクに仕上げています。デジタルメーターはMOTO Gadget製です。

美しい形状のシングルシート。シートレザーはスウェード調。シートカウルの形状に合わせてシートレールも加工されています。画像には写っていませんが、リアショックはFox製です。

この魅力的なカフェレーサーを製作したのが、ベルギーのKrugger Motorcycles。

左が同社主宰のFred Bertrand氏。右はヤマハMoto GPチームのメカニックを長らく勤めるBernard Ansiau氏。ロッシのほか、伝説のライダーであるウェイン・レイニー、ケニー・ロバーツ、それに我らが”ノリック”のメカニックでもあったという、ヤマハワークスの生き字引的な存在です。

今回のカスタム車両製作にあたりBernard氏は、単なるカフェレーサーでなく(と言ってもスーパーチャージャー搭載の凄いカスタムバイクですが……)、ヤマハワークスレーサーをモチーフとするよう、多くの助言を与えてくれたそうです。

Bernard氏の経験とKrugger Motorcyclesの技術力の結晶ともいえる、このスーパーチャージャーを搭載した「SR400」カフェレーサー。ヤマハワークスレーサーの歴史を確かに感じさせてくれる美しい車両ですね。

参考 – Krugger Motorcycles
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。