どっちが買い!? スズキ「SV650 ABS」vs ヤマハ「MT-07 ABS」ガチンコ比較!

スズキから待望のニューモデル「SV650 ABS」がリリースされましたね! 貴重な750ccクラスの2気筒モデルです。ということは…排気量が近く同じ2気筒の、ヤマハ「MT-07 ABS」とガチンコ対決となるワケです。

そこで今回は独断と偏見に満ちた、両車のガチンコ対決をお届けしましょう! 軽~い気持ちでご覧いただけますと幸いです。

スズキSV650 ABS

スズキSV650ABS パールグレイッシャーホワイト

詳細は各メディアで紹介されていますので、ここでは簡単にご紹介します。

「SV650 ABS」は、海外市場で好評を得た先代「SV650」の操縦性に磨きをかけて、軽快なハンドリングと俊敏で力強いスロットルレスポンスを持ちながら、扱いやすさも兼ね備えたロードスポーツバイク。

独特の鼓動を伝える排気量645ccの水冷Vツインエンジンをスチール製トラリスフレームに搭載。充分なパワーとキャラクターを持ったエンジンを、軽くてスリム、そしてジャストサイズの車体に搭載しています。

ヤマハMT-07 ABS

ヤマハMT-07 ABS マットシルバー1

ライバルとなるのはヤマハ「MT-07 ABS」。軽量に仕上げることで、移動そのものを新しいスポーツとして愉しむことを提案するネイキッドスポーツ。数値だけでは語りきれない新しいスポーツの世界を、軽さを生かして、ベテランからビギナーまで、老若男女、幅広いライダーに向けて提案しています。

こちらは水冷パラレルツインを搭載。フレームは「SV650 ABS」と同じく、スチール製トラスフレーム。「MT-07 ABS」も絶対数値ではなく、軽さとジャストサイズであることを前面に打ち出したネイキッドスポーツです。

エンジンの比較

SV650 ABSのエンジン

SV650 ABSのエンジン

「SV650 ABS」のエンジンスペック

  • 排気量:645cc
  • 形式:水冷4サイクル・90°V型2気筒 / DOHC4バルブ
  • 最高出力:56kW / 8,500rpm
  • 最大トルク:64N・m / 8,100rpm

「MT-07 ABS」のエンジンスペック

  • 排気量:688cc
  • 形式:水冷4サイクル・直列2気筒 / DOHC4バルブ
  • 最高出力:54kW / 9,000rpm
  • 最大トルク:68N・m / 6,500rpm

数値上は、排気量に微妙な差はあれど、ほぼ互角。注目していただきたいのは、Vツインとパラツインというエンジン配列の違い。絶対的な数値ではなく、好みでお選びいただきたいところです。

「SV650 ABS」はVツインらしい独特の鼓動と軽快な吹け上がり、そしてVツインだからこそ得られるコンパクトなライディングポジションです。一方の「MT-07 ABS」は、ライダーの操作にリニアに反応するトルク特性を実現しています。それは、最大トルクをかなり低回転で発生していることからもおわかりいただけるでしょう。

というワケで、エンジンは好みの問題ではありますが、筆者としては「SV650 ABS」のVツインに惹かれてしまいます!

車体の比較

車両重量を比較すると

  • SV650 ABS:196kg
  • MT-07 ABS:179kg

おっと、意外と差がありますね。「MT-07 ABS」はキャッチコピーに“この軽さがスポーツになる”とある通り、軽さをウリにしているのですが、それが数値にも表れています。

SV650 ABS パールミラレッド

SV650 ABS パールミラレッド

ホイールベースを比較しますと「SV650 ABS」は1,450mmですが…

ディープレッドメタリックK

ディープレッドメタリックK

「MT-07 ABS」は1,400mm。全長・全幅・全高でも若干ですが「MT-07 ABS」の方がコンパクトに仕上がっています。

ところが「SV650 ABS」が採用するVツインエンジンは(一般的には)パラレルツインよりも横幅が少なく、実際の乗車感ではスリムに感じることが多いワケです。「MT-07 ABS」は軽量・コンパクトと謳っておりますが、その面では若干不利かなと思います。

それでもやはり17kgも軽いとなると(筆者のような万年初心者にとっては)、実に魅力的。ということで、車体に関しては「MT-07 ABS」の方が一枚上手と言えます。

デザインの比較

マットブラックメタリックNo.2

SV650 ABS マットブラックメタリックNo.2

「SV650 ABS」は、スズキのネイキッド・モデルらしいデザイン。バンディット400の頃から続くお馴染みの姿となっています。

ブルーイッシュホワイトカクテル1

MT-07 ABS ブルーイッシュホワイトカクテル1

一方の「MT-07 ABS」は、「デザインのヤマハ」らしく、かなり攻めた現代的なデザイン。ボリューム感を出しつつも、締める所はシュッとしています。ストリートファイター的ではありますが、ソレそのものではない。そんな絶妙なラインが万人にウケるスタイリングとなっています。

まぁ、デザインに関しては完全に好みの問題と言い切って良いでしょう。比較になっていませんね…。

価格の比較

真剣に購入を検討するならば、やはり価格は見逃せないポイント。ということで両車の価格(車両本体価格、税込)を比べてみました。

  • SV650 ABS:73万8,720円(税込)
  • MT-07 ABS:74万9,520円(税込)

約1万円しか差がありません。これは新車を購入しようという人にとっては、誤差の範囲と言って良いでしょう。

結論としては…

エンジン、車体、デザイン、価格から「SV650 ABS」と「MT-07 ABS」を比較してみましたが、どちらも甲乙つけ難い! いやはや、両メーカーへの配慮を怠らない実に腰の引けた結論で申し訳ありません…。しかし、こうして2つのモデルを並べてみると、両車の”狙い”がわかって面白いですね。

あとは、車体の取り回しやすさや、足つきの良さ、エンジンフィーリングなどを、乗って比べてみるのが一番です。

気になっている方は、お近くの販売店へ足を運び、見て、触って、試乗してみてくださいね!

参考 – スズキSV650 ABSヤマハMT-07 ABS

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。