ハスクバーナ「Svartpilen 401」は街中をガンガン振り回せるストリートモデルだ!

今秋はメーカー製カフェレーサーとスクランブラーが多数発表され、新たな潮流を感じさせてくれました。

今回、ご紹介するのは、そんな中の1台なのですが、他メーカー製品とは少し趣が異なっています。

Svartpilen 401

コチラが今回ご紹介するスウェーデンの老舗メーカー、ハスクバーナが発売する「Svartpilen 401」。モデル名を見れば、当サイトの熱心な読者さんならおわかりでしょう……。

「Vartpilen 401」のスクランブラー・バージョン

そうです。この車両は、以前ご紹介したシングルスポーツモデル「Vartpilen 401」スクランブラーバージョンなのです。

ベースモデルと同じく、北欧デザインを感じさせてくれる、モダンな路線を行っています。

他社製スクランブラーがクラシック路線一辺倒でしたので、コレは逆に新鮮です。

Huskyと言えば、本気モトクロッサーを連想される方がほとんどだと思いますが、ご覧のとおり「Svartpilen 401」はスクランブラー。なのですが、実はHusky自身はストリート・エクスプローラー=ストリートモデルとしています。

ここでは筆者が最初に受けたイメージである、スクランブラーとして筆を進めます。

Svartpilenのディテールは…

車体の基本構成はベースモデル「Vartpilen 401」と同一。スチール製トレリスフレームにKTM 390 Dukeに搭載される水冷単気筒エンジンを搭載

フロントフォークはWhite Power製の倒立フォーク、フロントブレーキキャリパーはBremboの廉価版ラインともいえるBybre製をチョイス。

タイヤはPirelli製Scorpion Rally STRと、オフを意識したチョイスです。

リアショックのブランドは未公表ですが、フロントフォークの関係と白いスプリングから推測すると、恐らくWhite Powerでしょう。

これがKTM製水冷単気筒エンジン。390 Duke 用ですので 373 cc でしょう。最高出力は44HPでスリッパークラッチを搭載しています。

ベースモデルではセパレートハンドルでしたが、こちらはアップハンドル。このライダーズビューは、どう見てもスクランブラーでしょ!

面白いのは容量9.5Lのガソリンタンク上に装備している厳ついキャリア。デザイン的にも個性を演出するばかりではなく、意外に実用的かも!

凝ったデザインの円形のデジタルメーターはベースモデルと共通のようです。

発売開始はいつ?

スペックこそ未公開ではありますが、排気量やパッと見の車体構成から判断して、絶妙なサイズ感であると思われる「Svartpilen 401」。KTMエンジンなら、動力性能は申し分ないはず。メーカーが想定している街乗りはもちろん、時には軽いオフ遊びまで、思い切り乗り回せそうな仕上がりです。

フロントフェンダーをアルミ製バフ仕上げのアップタイプにして、マフラーをアップタイプにして…などとカスタムしたら、さらにカッコよくなりそうですね!

この魅力的なストリート・エクスプローラー「Svartpilen 401」、販売開始は2017年晩秋とされています。日本への導入を是非お願いしたい魅力的なモデルです。スペック等の詳細が発表されましたら、続報としてお伝えしましょう!

参考 – Svartpilen
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。