注目はカフェレーサー!トライアンフがエントリーモデルを含む3車種をリリース!

BMWは、噂通りインターモトに「R Nine T Racer」というカフェレーサー・モデルを投入してきましたが、トライアンフが「カフェレーサーの本場はイギリス!」と言わんばかりに応戦しました。

それを含めて、トライアンフが興味深いニューモデル3車種をリリースしましたので、ご紹介しましょう!

Street Cupはスラクストンの血を受け継ぐストリートツイン!

こちらがストリートツインのカテゴリーに新たに加わったカフェレーサーモデルの「Street Cup」。そのベースとされたのは、名前からお分かりいただける通り、900cc並列2気筒エンジンを搭載した「ボンネビル・ストリートツイン」。そのユニットを用いて、スラクストン譲りのレーシーなカフェレーサースタイルに仕上げてきました!

カフェレーサーの必須装備であるシングルシートに加えて小さなスクリーンを装備しています。ちなみにシートカウルは取り外しも可能なのでタンデムもできます。また、スラクストンRスタイルのフットペグが標準装備されています。

シンプルなスクリーンですが、カフェレーサー気分を盛り上げるには適した装備。また、スラクストンから受け継がれたヘッドライトマウントが、よりアーバンテイストなカフェレーサーの雰囲気を盛り上げます。ハンドルバーもストリートツインより低めの専用ハンドル(Aceスタイルバー)が装備されており、ミラーはバーエンドタイプを搭載しています。

メーカー発表では「2つのファスナーでカンタンに取り外し可能」と断言しているのですが、そうは見えない本格的な作りです!

前後サスペンションやブレーキ類はストリートツインと同様ですが、ホイールベースが20mm延長され、シート高もカフェレーサー風味に若干上げられています。

スペシャルなモデルだけにカラーリングも凝っています。ここまで紹介してきたレーシングイエロー / シルバーアイスのほか、上記のジェットブラック / シルバー・アイスという2タイプのツートンカラーをラインアップしています。

しかも、この「Street Cup」、日本での販売も行われます! 販売開始日こそ未定ですが、車両本体価格はストリートツインよりも20万円高い119万9,500円(税込)です。

Bonneville T100 / T100 Black

もう2車種のニューモデルが左の「Bonneville T100」と「Bonneville T100 Black」。両車は、ボンネビルの美しいデザインを採用しつつ排気量を900ccとしたエントリー・モデルという位置づけ。1,200ccの「T120 Bonneville」ほどの性能を求めない、けれどイギリス伝統のクラシカルなデザインが好き、という方に向けたモデルです

カラーラインアップが少々込み入っていますので、ご紹介しておきましょう。

まず、「T100 Bonneville」は3色。

フュージョン・ホワイト / エーゲ・ブルー

ニューイングランド・ホワイト / インテンス・オレンジ

ジェットブラック

これらが「T100 Bonneville」です。

一方、前後ホイール、エンジンのカバー類、排気系などがブラックアウトされたモデルが下記の「T100 Bonneville Black」。

ジェットブラック

マットブラック

写真では分かりにくいのですが、外装類の光沢の有無により、「ジェットブラック」と「マットブラック」の2カラーがラインアップされています。

「T100」と「T100 Black」は、エントリーモデルとしては勿論、カスタムベースとしても期待が高まります。と申しますのも、両車ともに車両本体価格が115万0,500円(税込)と、「T120」より30万円お安いのです!

ブリティッシュモーターサイクルファン拡大に繋がるに違いない、魅力的なニューモデル3車種。早く日本でお目に掛かりたいものです!

参考 – トライアンフ・ジャパン
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。