【衝撃発表あり】原付登録できる電動スクーター「UPQ BIKE me01」のリリース日決定!

これまで大小問わず様々な新車発表会の末席を汚して来たわけですが、過日開催された“UPQ”の発表会でドギモを抜かれて参りましたので、その模様をご紹介させていただきます。

UPQ BIKE me01発表会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会場に着くなり、飛び込んで来たのは、数年前に話題になった(割に最近は噂を聞かない)プレミアムな電動バイク「ZecOO(ゼクー)」。「スゲーな~、800万円だっけ~?」などと思いつつ繁々と眺めてしまいました。が、この日のお題はその後ろに写り込んでいる小さな電動スクーター「UPQ BIKE me01」です。

会場(秋葉原)のプレスの面々に見掛けた顔はなく、発売元”UPQ”がスタートアップの家電メーカーということで、ガジェット系と思しき方々がお集まりでした。

プレゼンターとして登場した中澤社長は…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コチラが登壇者であり”UPQ”社長の中澤さん。カシオで企画職を経験した後、夢のある家電作りを志して昨年起業した女傑でございます。そのキレキレのトークは傾聴の価値アリでした。

起業後1年間の総括から始まった発表会ですが、「国産家電メーカー製品には夢がない!」「UPQは遊び心を大切にしている」といった辺りは何処かで聞いたことがある話でしたが、「自分(中澤社長)がイロモノ的にイジラれるのはPRの一環と腹をくくっている」という部分はスタートアップ企業社長の本音であろうと思います。敬意をもって拝聴させていただきました。

ところで、スピーチの最中から、どうも中澤社長、何かを気にしているような…。トークセッションでその理由が判明しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そう、このポッコリお腹は…「社長、あんた妊婦さんじゃん!」。こんなにおめでたい発表会は初めて! しかも、そのポッコリ具合が今にも弾けんばかりで…。「出産予定日が近くなると安定期になるから動いても大丈夫」みたいな記憶はありましたが、とにかく早く座ってくれないかと、祈るような気持ちでした。

ご本人は「こんな腹膨らんじゃって、来週産まれるかも!」と余裕の表情で語り、その瞬間、筆者は三枝師匠バリの勢いで椅子から転げ落ちました…。

起業当初は、文系の女に何が出来る?なんて言われた」とも語っていた中澤社長。この根性の座り方、素晴らしいです。ちなみに出産後については、ワークライフバランスの調整を図りつつも、起業2年目の構想に思いを馳せている様子でした。無事に出産されることを願いたいと思います。

一方の車両の方はというと…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当初より今年の夏(つまり今!)に発売開始と聞かされていたので、ここで製品版が登場するものと思って馳せ参じたワケです。ところが、あろうことか「前回から変更なし!」と広報ご担当者様が明言…。何の発表会よ~、暑いなか場違いなアキバまで駆け付けたのにマジでガックシ。この変更なしとの発表こそが最大の”ドギモ”だったわけです(実際には、「アクセサリーのカバン発表」ということでした)。

が、せっかくなので詳細を振り返っておきますと…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ステアリングヘッド?付け根の円筒部分が充電口。フレームは樹脂製カバーに覆われており見えませんでしたが、恐らくきっと、価格から想定するとスチール製でしょう。確認するのを忘れていましたが、畳める機能が自慢の「UPQ BIKE me01」、よく見ると、ハンドルも畳むことができるようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本の道路交通法規に適合させるため、前のウィンカーは左右のミラーに装備。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはフロント。ブレーキはワイヤーを引っ張るタイプのメカニカル・ディスク式。形式自体は古臭いですが、しっかりした製品であれば充分に効きます。フロントフォークはテレクスコピックでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シート下にはテールランプとウィンカー、それにナンバープレート台座を装備。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうそう、忘れていましたが、この日の発表会の本来の目玉は、この革製バッグ。スマホなどの小物を入れることを想定していて…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

電動スクーターなので、こ~んな感じで走りながら充電できちゃう優れものであり、しかもお洒落!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リアホイールにはモーターを搭載。

販売方法も斬新!

すでに受注は開始されており、発送日は9月10日を予定しているそうです。主な販売ルートはネット通販であり、実店舗として予定されているのは、整備士がいない家電量販店だそうです。

オートバイは消耗品の塊でもあるワケですから、故障・事故時や日常メンテナンスといったサービスを実店舗なしでできるのかと疑問を持ちつつも、小さな企業が挑戦する場合ならばアリかな…とも思います。魅力的な電動バイク、中澤社長のキャラクターを含め、この「UPQ BIKE me01」、注目して行きたいです。

メーカー希望小売価格:12万7,000円(税抜)

参考 – UPQ BIKE me01

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。