国内販売開始!カワサキ「VERSYS-X 250 ABS TOURER&VERSYS-X 250 ABS」で冒険に出掛けたい!

カワサキが昨年ミラノショーで発表し、当サイトでもご紹介した「VERYSYS-X」シリーズ。当初は300ccのみのヨーロッパ向けモデルとのことでしたが、後にインドネシア向け250ccが追加発表されて、日本投入への期待が高まっていましたが……。

皆さん、おめでとうございます! 日本国内での「VERSYS-X 250 ABS TOURER」と「VERSYS-X 250 ABS」販売が開始されます!

VERSYS-X 250 ABS

まずは「VERSYS-X 250 ABS」から。本車両は高い汎用性を持つアドベンチャースタイルのツーリングモデル。 シリーズのコンセプトである「Any-Road Any-Time」パフォーマンスに未舗装路での走破性を加え、刺激的な「走る悦び」を提供します。

エンジンは、総排気量249ccの水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ。キャラクターに合わせたチューニングを施すことでスムーズなパワー特性と低回転域での粘り強さを獲得。ロングストロークフロントサスペンションとリンク式のリヤサスペンションは、軽量な車体と組み合わせることで様々な路面状況で高い安定性を誇ります。

加えて、多様なシチュエーションに対応するトレッドパターンを持つマルチパーパスのチューブタイヤも装備。 幅広いライディングシーンをカバーし、優れたパフォーマンスを発揮します。さらにパニアケースやエンジンガード等のアクセサリーも多数標準装備。 ツーリングをより快適に楽しむ事が出来る様になっています。

VERSYS-X 250 ABSのディテール


低速での粘り強さとスムーズな加速性能を併せ持つパラレルツインエンジンを搭載。また、軽い操作感とバックトルクリミッター機構を備えたアシスト&スリッパークラッチも採用されています。

フレームは完全新設計。未舗装路での走行も想定した高剛性バックボーンフレームが採用されています。

前後ホイールサイズは、前19インチ、後17インチ。スポークホイールとされ、マルチパーパスチューブタイヤが装着されています。

アドベンチャー・モデルらしく、高いウインドプロテクションを発揮する大型ウインドシールドを採用。ガソリンタンクは容量17Lと充分です。

長距離ライドや未舗装路での操作性を考慮して、アップライトなライディングポジションを生み出すハンドルバーを装備しています。


フロントフォークは、130mmの余裕のあるストローク量を持つφ41mm正立テレスコピック。

リアは、様々な路面状況を想定した優れた安定性を実現する、リンク式リヤサスペンションを採用しています。


ブレーキディスクは、フロントに290mm、リヤに220mmのペタルタイプが採用されています。モデル名にある通り、ABSが標準装備されています。

また、新設計のスタイリッシュな多機能メーターパネルの採用、250ccクラスでは初搭載のギヤポジションインジケーターなど、かなり力が入ったモデルとなっています。

そのうえ、アドベンチャー・モデルに相応しい機能性を高めるアクセサリーが多数用意(末尾にリスト掲載)されており、冒険心とカスタム心をくすぐります。

カラーラインアップは、ここまでに紹介した”メタリックグラファイトグレー×フラットエボニー”と、この”キャンディライムグリーン×メタリックグラファイトグレー”の2色になります。

VERSYS-X 250 ABS TOURER

続いては(筆者個人的にストライクの)「VERSYS-X 250 ABS TOURER」。

スタンダード・モデルに、との違いは……、

  • パニアケースの装備
  • エンジンガードの装備
  • ハンドガードの装備
  • DCソケットの装備
  • センタースタンドの装備

とされています。

カワサキのプレスリリースでは”PIAA製LEDフォグランプ”が触れられていませんが、画像から判断すると、「TOURER」には標準装備されていると思われます。

VERSYS-X 250 ABSのアクセサリー

先にご紹介した通り、「VERSYS-X 250 ABS」には、ツーリングでの快適性を高めるアクセサリーが数多く用意されています。

主な発売予定品(※はVERSYS-X 250 ABS TOURERに標準装備)は下記の通りとなっています。

  • パニアケース※
  • エンジンガード※
  • ハンドガード※
  • DCソケット※
  • センタースタンド※
  • PIAA製LEDフォグランプ(装着にはエンジンガードが必要。筆者注; TOURER に標準装備の可能性あり)
  • タンクパッド
  • ERGO-FITハイシート
  • U字ロック
  • ETC車載器キット

気になる発売日と価格は?

さて、非常に力が入っていることがわかった「VERSYS-X 250」シリーズ。気になる発売日と車両本体価格(消費税込み)は、

  • 「VERSYS-X 250  ABS TOURER」:3月15日発売(68万3,640円)
  • 「VERSYS-X 250  ABS」:4月15日発売(62万9,640円)

とされています。

250ccクラスのアドベンチャー・モデルという新ジャンルにカワサキが投じた1台。発売開始が楽しみでなりませんね!

VERSYS-X 250 ABS のスペック

それでは最後に、「VERSYS-X 250  ABS」と「VERSYS-X 250  ABS TOURER」のスペックを掲載しておきます。

  • 全長×全幅×全高:2,170×860×1,390mm(2,170×940×1,390mm)
  • ホイールベース:1,450mm
  • シート高:815mm
  • 車両重量:175kg(183kg)
  • エンジン種類 / 弁方式:空冷4ストローク並列2気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:248cc
  • 内径×行程:62.0×41.2mm
  • 圧縮比:11.3
  • 最高出力:24kW(33PS)/11,500rpm
  • 最大トルク:21N・m(2.1kgf・m)/10,000rpm
カッコ( )内は「VERSYS-X 250  ABS TOURER」

参考 – カワサキ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。