2016年…今年で生産終了!カワサキ「W800」のファイナルエディションが発売

カワサキから、トラディショナルな美しさと味わい深いライディングフィールが魅力の「W800」の2016年モデルが発売されます。ところが大変残念なことに、先にお伝えした「KLX250」&「D-TRACKER X」に続いて、「W800」もファイナル・エディション…2016年モデルをもって販売終了となるようです。

W800ファイナルエディション

16EJ800AGS_BRN_lhl

現在に繋がる”Wシリーズ”は、1999年2月に発売された「W650」から始まりました。以後、普通二輪免許でも乗れる「W400」のリリース、2008年9月の排出ガス規制強化による両モデルの販売中止後、2011年2月に「W800」が登場しました。

以降、「W800」は懐かしいデザインの中に最新モデルの信頼性を併せ持つ、”ネオ・クラシック”ジャンルにおいて、日本メーカー製最大排気量モデルとして確固たる地位を築きました。その「W800」がファイナル・エディションとなるわけです。

「650RS W3」を彷彿とさせるカラー&グラフィック

16EJ800AGS_BRN_rhl

このファイナル・エディションでは、古くからのカワサキファンならお気付きの通り、1973年に登場した「650RS W3」を彷彿とさせるカラー&グラフィックと、専用エンブレムを採用しています。塗装段差の少ない4度塗りの塗装工程は、なんと「W3」と同じ技法というコダワリっぷりです。

グラフィック以外は…

seat

まずは、シートデザインの変更に目がいきます。ホワイトのパイピングがクラシカルな印象を高めており、良く見るとサイドカバーも「W3」的で非常にカッコいい!

F_Hub

R_Hub

前後ハブはブラックに塗装されています。

Engine

エンジンは(ヘッドカバー、シリンダーヘッド、クランクケース)にブラック塗装を採用。それと共にフューエルインジェクションカバーはハンマートーン塗装が施されました。

美しいエンジンはベベルギア駆動だ!

11EJ800A_ENGINE_CG

エンジン自体は旧モデルから変わらぬ、美しいベベルギア駆動SOHC並列2気筒エンジン搭載。総排気量は773cc、ボア×ストローク77.0×83.0mm、圧縮比8.4:1、最高出力35kW(48PS / 6,500rpm)、最大トルク62N・m(6.3kgf・m)/ 2,500rpmです。

11EJ800A_ENGINECUT

念のため、この芸術的なベベルギアを掲載しておきます。

豊富なアクセサリーもW800の魅力だった

Cafe-Style_COWL_GLD

Cafe-Style_SEAT

「W800」は、デビュー当初から豊富で魅力的なアクセサリーをラインナップしてきました。写真は2011年モデル用ですが、”Cafe Styleカウル”と”シングルシート”は2015年モデル用としても用意されていました。

CafeStyle_GLD_rhl

カウルとシートを両方装着すると、がらりとカフェレーサースタイルに大変身!(個人的にはロケットカウルが好みですが…)ここまでメーカーが用意してくれているのは、本当に素晴らしいと感心したものでした。

復活を願っています!

残念ながら2016年モデルでファイナル・エディションとなってしまった「W800」。しかし世界的に見れば、クラシカルなデザインを採用したモデルは、以前よりも盛り上がっています。

同じ並列2気筒エンジンを搭載し、水冷へと進化を遂げた「トライアンフ・ボンネビルシリーズ」、縦置き空冷Vツインの「モトグッツィ」。彼らに負けじと、「W650」が「W800」となって戻ってきてくれたように、新たに「W1000」としてカムバックしてくれることを、切に願っています!

W800 Final Edition

<スタンダードモデルからの変更点>

・カラー&グラフィックの変更(特別塗装)

・シートデザインの変更

・フューエルタンクに専用のエンブレムを採用

・フューエルタンク上面に専用のデカールを採用

・フロント、リヤのハブにブラック塗装を採用

・エンジン(ヘッドカバー、シリンダーヘッド、クランクケース)にブラック塗装を採用

・フューエルインジェクションカバーにハンマートーン塗装を採用

メーカー希望小売価格:92万5,560円(税込)

発売予定日:2016年7月15日

参考 –  カワサキモータースジャパン

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。