250ccリジットフレームの新車アメリカンチョッパー「Wester」

トライクやコンパクトカー、バランススクーターなど、一風変わったモビリティを製造・輸入・販売する「トライクファクトリー」。

今回はそんなトライクファクトリーが、フューエル・インジェクション+リジットフレームの250ccアメリカン・チョッパー「Weaster」の販売を開始いたしましたので、ご紹介いたします。

Westerとは?

インジェクション仕様の250ccアメリカンバイクWesterは、「ハーレーなどの大型アメリカンバイクには憧れるけど、もう少し手が届くコストのかっこいいバイクが欲しい」というニーズに応えるべく誕生したバイクです。

まず特筆すべき点は、手を入れる必要がないほどスタイリッシュにまとめ上げられたそのルックス。

また、アメリカンバイクが好きな方であれば一度は憧れる”リジットフレーム”である点や、フューエル・インジェクションである点も、魅力的です。

さらに、排気量が249ccということで、車検対象ではないため、維持費等のコスト面で悩んでいた方にとっては、願ったり叶ったり!

Westerの詳細

  • カラー:マットホワイトとマットモスグリーンの2色。
  • 乗車定員:1名
  • エンジン:249cc / 水冷4サイクル2気筒 / EFI
  • 始動方式:セルスタート
  • サイズ:全長2,400mm×全幅 830mm×全高 1150mm
  • ホイールベース:1680mm
  • 車両重量:170kg
  • ブレーキ:F油圧式ダブルディスク、R油圧式シングルディスク
  • タンク容量:8.0L
  • 燃料:ガソリン(レギュラー)
  • 排気量:249cc
  • 最高出力:14.8kw/8,500rpm
  • 最高トルク:16.5Nm/6,500rpm
  • 販売価格:EFI仕様448,000円(消費税・諸費用別)
  • 販売価格:キャブレター仕様398,000円(消費税・諸費用別)

こういった250ccのお手軽アメリカンバイク市場としては、競合に「HEIST250」がいますが、229ccのヘイストよりもスペック面で勝る「Wester」。また、EFI仕様である点もユーザーに優しい(キャブレター仕様も有)。

路面の状態やエンジンの鼓動を素直に伝えてくれるリジットフレームだからこそ、乗れば乗るほど愛着が湧くものです。飽きのこないバイクとは、「Waster」のようなバイクなのかもしれない。

【関連記事】

ホンダ「ベンリィSS125」をバンディット9がカスタムすると芸術作品に進化する!

乗り物好きがどんなライフハックよりも心に響く名言「枠にはまるな。」

意外と知らない!初の国産アメリカンバイクは原付だった!!

【チョッパーファン注意!】今年のニューオーダーは大阪で開催だぞ!

「バイク乗り=不良」というレッテルの根源を探る

参考 – トライクファクトリー

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。