これはハイセンス!ヤマハのロードスポーツモデル「XSR700」がスクランブラーに変身!

ヤマハが”ネオ・レトロ”と呼ぶ、クラシカルなデザインに最新テクノロジーを搭載したロードスポーツ「XSR900」。日本では残念ながら未発売の700ccバージョン「XSR700」がヨーロッパで凄いことになっています!

「XSR700」をスクランブラーとして再現

s_Yamaha-Yard-built-xsr-700-front-right

無骨でありながら、スマートさを感じさせる、美しいシルエットが印象的です。ロードスポーツ的なノーマルとのイメージの違いは驚くばかり。ノーマルの”ネオ・レトロ”コンセプトを、スクランブラーとして見事に変貌させています。

s_Yamaha-Yard-built-xsr-700-rear-view

スクランブラーカスタムといえば、左出しのアップマフラー。スポークホイールへの変更もドハマりしてますね!

ディテールを紹介

s_Yamaha-Yard-built-xsr-700-exhaust-shield

スクランブラーらしさを演出するアップマフラーとマフラーガード。エキパイの溶接継ぎ目もデザインの一つとなっており、あえて滑らかにせずビードを残すところが、また良い感じ。

s_Yamaha-Yard-built-xsr-700-front-detail

XSR700の純正フロントフォークは正立フォークですが、パフォーマンス向上に加えて、現代的なイメージを醸し出すために倒立フォークに変更。フェンダーは当然アップタイプ(アルミ製)に変更されています。ハンドルは適度なアップポジションをとれるレンサルをチョイス。

s_Yamaha-Yard-built-xsr-700-spine

クラシカルなラインのガソリンタンク。実はアルミ製タンクカバーが被せられているのです。同じくアルミ製のサイドカバーに繋がるラインも美しい!

s_Yamaha-Yard-built-xsr-700-logo

音叉マークも忘れずに!

s_Yamaha-Yard-built-xsr-700-rear-fender

スクランブラーらしい高めのシート高(6cmアップ)を手に入れるため、フレームにエクステンションバーを装着する小ワザを利かせています。シートレザーはスウェードです。小さな円形のテールランプはクラシカルなイメージを大切にしたセレクト。

ベースとなったヤマハ「XSR700」

s_2016-Yamaha-XSR700-EU-Garage-Metal-Studio-002

念のためベースとなった「XSR700」を掲載しておきます。見てわかるように、非常に美しいロードスポーツです。その素性の良さ故に、カスタムの素材としても生きるのでしょう。

最後に、この美しいカスタムが登場する動画をご覧いただきましょう。

この魅力的なスクランブラー「XSR700 Bunker」を制作したのは、トルコのコンストラクター”Bunker Customs”。以前ご紹介したヤマハ「SR500スクランブラー」はクラシカルなイメージでしたが、今回は現代的に仕上げていますね。その記事でも「今後の活躍に注目したいカスタムビルダーです!」と紹介しましたが、まだまだ、やってくれそうです!

参考 – Bunker Customs

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。