スポーティスクーターという新ジャンル!ヤマハ「GDR155」は斬新なニューモデルなのだ!

年明け早々に発表したのにイマイチ話題になたなかったヤマハのニューモデル、「GDR155」についてご紹介いたしましょう!

GDR155 はスポーティスクーター

「GDR155」は、スタイリッシュなフォルムとスポーティな乗り味を調和させたスクーターの新製品です。が……、残念ながらアセアン地域の戦略モデルとして開発されております。

本モデルの導入により、ビッグスクーターへと繋がるスポーティスクーターカテゴリーをアセアン地域に新たに構築することを目指すそうです。

GDR155

「GDR155」は、”ASEAN Best Sporty Scooter”を目指して、上昇志向の25~30歳男性をターゲットに開発されています。

“BLUE CORE”エンジンには始動用動力と発電を兼ねる当社初のスマート・モーター・ジェネレーターを織り込み、静かな始動性を実現するとともに、発電ロス低減を図っています(写真はトリシティ155 の”BLUE CORE”エンジン)。

トリシティ155(日本仕様)と同じく、贅沢にもVVA(Variable Valve Actuation;可変バルブシステム)を搭載しています。

GDR155 の特徴

注目すべきは、車両重量116kgという軽量ボディ。スポーティスクーターを標榜するだけのことはあります!

また、写真からお分かり頂けるように、高い運動性能と上質感を表現するため、斬新なデザインを採用しています。

標準モデルに加え、サブタンク付きリアサスペンションとウエーブ形状フロントディスクを採用した「Rバージョン」、ストップ&スタートシステム(ヤマハのアイドリングストップ機構)、スマートキー、ABSを採用した「Aバージョン」を設定するのだとか(各国により導入する仕様は異なる予定)。

生産はベトナム、タイ、インドネシアの各工場で行い、各国のユーザーの嗜好を取り入れたカラー&グラフィックで豊富なバリエーション展開を行います。

タイ・ヤマハの動画もイイ感じ!

ベトナム向けはモデル呼称「NVX」、タイ向けは「AEROX」とされ、2016年12月から発売が開始されているそうで、タイ・ヤマハ制作によるカッコイイ動画も公開されていました!

今後はインドネシアなどアセアン各市場に導入されるそうです。

155ccなら高速にも乗れることですし、押し出しの強い個性的なデザインは、日本でも人気が出そうな気がします。「トリシティ155」のように、日本にも導入して欲しいと思う方も少なくないのではないでしょうか?

参考 – ヤマハ、YouTube:[TVC 30 Sec] ยามาฮ่า แอร็อกซ์ 155 ที่สุดแห่งสปอร์ตออโตเมติก
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。