コレは可愛い!ヤマハの原付スクーター「ビーノ」2017年モデルはカラーリングに注目!

ヤマハが、レトロポップなスタイルで人気の原付一種スクーター「ビーノ(XC50D)」のカラーリング設定およびグラフィックをさらに魅力的にした2017年モデルを発売しました!

ビーノ(XC50D)

「ビーノ(XC50D)」は、レトロ感を表現したファッションスクーター。最大の特徴であるトレンドを採り入れたカラーリングは後のお楽しみとして、まずは基本的な部分からご説明しましょう。

静かで環境に配慮したフューエルインジェクション搭載の水冷4ストローク単気筒SOHC3バルブエンジンを搭載。排気系の見直しによりエンジン特性(馬力、トルク)が向上。ECU変更、O2フィードバック制御の織り込みなど、FIシステムの変更で燃費向上を図りました。

オイルダンパー式のフロントフォークと、驚いたことにアルミキャストホイールを採用! 足周りは軽やかでスタイリッシュです。

オシャレで上品なメーターパネルは、見やすく、燃料計付き。

給油口にも工夫されており、シートを開けずに給油できます。

シート下には、大きめトートバッグやレインウェアも収まる、容量約19リットルのメットインスペースを装備しています。

コンビニでの買物などの小さな袋を掛けるフックを装備。お洒落なだけでなく、”足”としての装備も抜かりありません。

トレンドを採り入れたカラーリングに注目!

それでは、「ビーノ(XC50D)」最大の特徴であるカラーリングをご紹介しましょう! 2017年モデルは3つの新色を加えた6色設定となります。

3つの新色は、ボディとシートを同色としたコーディネートや、トレンドのビッグロゴなどを配したカラーリング&グラフィックに注目!

ライトイエローイッシュグレーソリッド(ベージュ):新色

“ガーリー&モダン”をイメージしたベージュのほか……、

グリーニッシュブルーソリッド(ブルー):新色

“レトロ&ポップ”をイメージしたブルーと……、

マットダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック(マットグリーン):新色

“クール&モダン”をイメージしたマットグリーンが、それぞれ3つのテイストを演出しています。

ダークレディッシュグレーメタリック(ダークブラウン)

ダークグレーイッシュブルーメタリックA(ブルー/ベージュ)

ホワイトメタリック(ホワイト/ブラック)

これら3色は継続色です。なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行なわれます。

気になる価格と発売日は?

ヤマハらしい可愛らしさ溢れる本車両、車両本体価格は20万9,520円 (消費税含む)、発売日は2017年2月14日と、バレンタインデーを予定しています!

こんな車両を春から始まる新生活のお供にできたなら、毎日がちょっとウキウキしちゃいそうですね。

ビーノ(XC50D)のスペック

  • 全長×全幅×全高:1,675×645×1,005mm
  • ホイールベース:1,160mm
  • シート高:715mm
  • 車両重量:80kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク単気筒 / SOHC3バルブ
  • 総排気量:49cc
  • 内径×行程:38.0×43.5mm
  • 圧縮比:12.0
  • 最高出力:3.3kW(4.5PS)/ 8,000rpm
  • 最大トルク:4.2N・m(0.43kgf・m)/ 6,500rpm

参考 – ヤマハ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。