往年のXT500みたい!ヤマハ「BOLT」ベースのスクランブラー「SCR950」が超クール!

USヤマハが、BOLTをベースにしたスクランブラーモデル「SCR950」を北米市場で発売すると発表したので紹介しましょう。

YAMAHA「SCR950」

Rapid Red

Charcoal Silver

「BOLT」がベース車両となってはいますが、ビンテージオフロード車(特にXTあたり)を彷彿とさせるようなクラシカルなアレンジが施されており、見事にスクランブラーとして昇華されている様が伺えます。

空冷SOHC4バルブ60度V型二気筒エンジンを搭載

エンジンは「BOLT」と共通の942cc空冷SOHC4バルブ60度V型二気筒を、そのまま採用しています。5速ミッションを搭載し、圧縮比などにも変更はありません。ベルトドライブもそのままになっています。

フレームは一部刷新

フロントタイヤは19インチのまま、リアタイヤはBOLTの16インチから17インチに変更されています(できれば18インチにしてほしい気もしますが…)。また、フレームが一部新刷新されたこともあり、タンクからシートまでのデザインは大きく変更されています。

気分はダートトラッカー

img-7

アップハンドルに変更され、軽快な雰囲気を持ったスクランブラーとして仕上げられています。実にオフロードが似合うバイクへと昇華していますね。

メーカー純正のカスタムパーツも多数用意

写真のようにウインドウスクリーンや、アンダーガード、ゼッケンプレートなどメーカー純正のカスタムパーツも多数用意されているようです。

北米では7月から販売開始

北米では7月から発売が開始されるとのことです。販売価格は8,699ドル、日本円にして約88万円となっています。日本での販売は、現時点では発表されていませんが、ヤマハコミュニケーションプラザに展示もされていますし、国内販売される可能性は高いでしょう。

実に魅力的なプロモーション動画もございますので、あわせてお楽しみ下さい。

いかがだったでしょうか。現在、世界的に広がりを見せつつあるスクランブラーモデルの「SCR950」。実にクールな雰囲気を持った魅力的なモデルです。もしも国内販売されるとなれば、スクランブラーブームに一石を投じる車両になること間違いなしですね。

それでは最後に画像ギャラリーもお楽しみ下さい。

参考 –  2017 YAMAHA SCR950、Youtube : The All-New Yamaha SCR950 Scrambler

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。