ヤマハ「VMAX」をクラシカルなドラッグレーサー風にカスタムするとこうなる!

1985年の発売開始以来、モデルチェンジを受けつつも、マッシブな外観と圧倒的なパフォーマンスにより独自の世界を築き上げてきたヤマハの長寿モデル「VMAX」。

今回は、その「VMAX」をクラシカルなドラッグレーサー風にカスタムした、驚きの1台をご紹介しましょう。

ドラッグレーサーをイメージ

ロー&ロングのドラッグレーサーらしいフォルムに加え、ヤマハ伝統のストロボカラー(現在の正式名称はスピード・ブロック)にペイントされたタンク・シート・カウルのモノコック外装を纏う、見事なまでのカスタム車両です。

保安部品もしっかりと装備しており、公道走行も可能な仕様となっているのも素晴らしい。見方によってはカフェレーサーですね!

基本骨格はノーマルだった!

エンジンを見れば確かに「VMAX」。排気系はワンオフのエキパイにSC Project製カーボンサイレンサーの組合わせ。バックステップはLSL Racing製を採用しています。

フロントフォーク&ブレーキは意外にもノーマル。この正立フォークは酸化チタンコーティングが施されており、質感も上々なので、そのまま活かしたのでしょう。

前後ホイールは前後18インチサイズのままスポーク化。フェアリングにマッチしたクラシカルな外観としています。

リアタイヤはドラッグレーサー・イメージゆえMickey Thompsonの6.0サイズです。

逆側なので見難くなりますが、リアブレーキもフロントと同じく、キャリパー&ディスクともノーマルが維持されています。

外装を中心に細部を変更するというカスタマイズで、車両のイメージをコレ程変えることが出来るのか…比較のためノーマルの「VMAX」を掲載しておきます。

注目はワンピース構造の外装!

フェアリングを完全なるワンピース構造というのは実は語弊があって、実際には上下で分割されています。このフェアリングはシートメタルから生み出されました。

ガソリンタンクは実はダミー! 本物のタンクはシート下に収められています。

シートレザーは、プレーンなレザーにスウェード調レザーを張り合わせたワンオフです。芸が細かい!

このシート下に見えるのがアルミ製ガソリンタンク。フューエルキャップはシートカウル上に見えます。

テールライトとナンバープレートも、しっかり搭載していますね。

オイルタンクのようなこちらがガソリンタンクになります。容量は不明ですが少なそう…。しかし、この極上のルックスなら許されるでしょう!

ディテールにも抜かりなし!

タコメーター本体はノーマルを使用。ハウジングのみアルミで製作しました。ハンドルは当然のことながらセパレートハンドルに変更。ダミータンク上にデジタルメーターが搭載されています。

ハンドルバーエンドに搭載されたウィンカーはお馴染み”Moto Gadget”製品。ブレーキ&クラッチのマスターシリンダーはブレンボ製に変更されています。

ドラッグレーサーをイメージしつつ、クラシックバイクの風味がプラスされた、この美しいカスタムバイク。製作したのはポルトガルのカスタムビルダーit roCkS!bikes。このマシンのような美しいワンピース外装を得意としています。

ノーマルからはかけ離れたイメージとされた本車両ですが、カスタム内容から判断して、意外と(筆者のような)素人さんでも乗れちゃいそうな、魅力溢れる1台ですね。

参考 – Youtube : it roCkS!bikes、 Yamaha Motor Europe
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。