ヤマハ最強の通勤快速!「アクシスZ LTS125」は軽さと扱いやすさ、同社クラス最高燃費が自慢なのだ!

通勤・通学のアシとして徹底的に乗り込まれることが多い125ccクラスのスクーター。最も過酷とも言える使用状況下に置かれる同クラスに、ヤマハがニューモデルを投入しました。

今回は、ヤマハ最強の通勤快速「アクシスZ LTS125」をご紹介しちゃいましょう!

ヤマハ「アクシスZ LTS125」

“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”を両立させる、ヤマハ小排気量クラスではお馴染みとなった“BLUE CORE”エンジンを搭載した、125ccスクーターのニューモデルです。

「アクシスZ LTS125」は、実用的で維持費削減を望むユーザーの声に応えた原付2種の次世代モデル。主な特徴は……

ヤマハ125ccスクーターでトップの燃費性能(WMTCモード燃費55.7km / L)を筆頭に……

通勤・通学など、街中で扱いやすい軽量ボディ(100kg)を達成!

さらに、これまたデイリーユースで有難い、大容量シート下収納(ジェット型ヘルメット2個収納可能)を装備しています。

今回の「アクシスZ LTS125」は、“BLUE CORE”エンジンの搭載だけでなく、軽量な新フレームの採用などにより、燃費、扱いやすさ、収納力などを大幅に向上させています。

なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行われます。

カラーラインアップ

ホワイトメタリック1(ホワイト)

ダークグレーメタリックM(ダークグレー)

ダルレッドメタリックD(レッド)

グレーイッシュブルーメタリック8(ブルー)

カラーラインアップは、コチラに掲載した4色となります。

気になる発売日と価格は?

「アクシスZ TLS125」の発売日は4月25日とされており、気になる価格は24万3,000円と、コストパフォーマンスにシビアなユーザーも納得のリーズナブルな設定とされています!

ヤマハの同クラス最高燃費と軽さと扱いやすさを両立しつつ、コストパフォーマンスまでも高めた「アクシスZ TLS125」。街中で見掛ける機会が増えそうな予感ですね。

アクシスZ TLS125のスペック

  • 全長×全幅×全高:1790×730×1,145mm
  • ホイールベース:1,275mm
  • シート高:770mm
  • 車両重量:100kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク単気筒 / SOHC2バルブ
  • 総排気量:124cc
  • 内径×行程:52.4×57.9mm
  • 圧縮比:11.0
  • 最高出力:6.0kW(8.2PS)/ 6,500rpm
  • 最大トルク:9.7N・m(0.99kgf・m)/ 5,000rpm

参考-ヤマハ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。