バイクの系譜に燦然と輝く偉大な先駆者…カワサキ「Z1」を3分で学ぶ!

当サイトの読者なら、カワサキ「Z1」というくらいは聞き覚えがあるのでは? カワサキ「Z1」は、カワサキが1972年から1976年にかけて製造販売していた総排気量903 ccのバイクのことです。そして、恐らくバイク史の中でも、燦然と輝くトップクラスの名車でもあります。

今回はそんなレジェンドバイク、カワサキ「Z1」についておさらいしていきましょう。

カワサキ「Z1」の誕生

72_Z1_EURREDDRS00D

カワサキは、北米市場を強く意識し、空冷4気筒750ccの大型車構想を持って試作を行っていましたが、1968年に、当サイトでもご紹介したホンダ「ドリームCB750FOUR」が発表されたことで、完全に出鼻を挫かれる格好となりました。

これを受け、排気量から見直し1972年秋に発売されたバイク、これこそがカワサキ「ZⅠ」です。

開発コンセプトは「究極のZ」

72_Z1_EURREDDLS00D

「Z」と言えば、バイクではカワサキを思い浮かべると思いますが、その「Z」という言葉を初めて使ったのが「Z1」です。「Z」はアルファベットの最後…つまり究極を意味し、1はナンバー1、すなわち「究極のナンバーワンという意味になります。

打倒ホンダ「ドリームCB750FOUR」として、DOHC エンジンを採用、足つき性に配慮するなど、後発の利を生かした設計で、差別化を図るとともに商品性も向上させました。クラス最高のパワーに加え、曲線的で優美なデザインの「Z1」はアメリカを中心に大ヒットし、世界に「高性能・大型車のカワサキ」のイメージを定着させました。ちなみに円安ドル高(1ドル=300円)という背景も影響していたと言われています。

カワサキ「ZⅠ」 のスペック

DOHC

  • エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒
  • 排気量:903cc
  • 最高出力:82ps/8500rpm
  • 最大トルク:7.5kg-m/7000rpm
  • 車両重量:230kg(乾)

コードネームは”ニューヨークステーキ”

Kawasaki Z1 (1975)

「ドリームCB750FOUR」の開発コードネームは「ナナハン」でしたが、「Z1」にも同様に開発コードネームがありました。それが「ニューヨークステーキ」です。神戸(川崎重工の所在地)牛を超える旨い肉(旨いバイク)をアメリカに提供しようという意味だそうです。ホンダのストレートすぎるネーミングよりは、凝ったネーミングですね。

カワサキ「750RS」

73_Z2_101REDDRS67P

「Z」の名前を普及のものとし、世界的に「カワサキ」の名前を知らしめたのは「Z1」ですが、国内では弟分の「Z2」こと「750RS」のほうが有名です。これは750cc規制の関係で、国内向け仕様に販売されたのが「Z2」だったからですね。このゼッツーも「ナナハン」の代名詞の一つでした。

人気漫画『あいつとララバイ』『湘南純愛組!』『GTO』に出てくる主人公の愛車はいずれもZ2です。

「Z1」も「Z2」も型式呼称!?

KAWASAKI  Z1 A

圧倒的に「Z1」と呼ばれることが多いですが、「Z1」はエンジン型式であり、正式な車名は「900 Super Four」だそうです(諸説あります)。その裏づけとして、当時の欧州向けカタログにもその名前記されています。そのため海外では未だに「900 Super Four」と呼ばれています。しかし、たとえ愛称だったとはいえ、もはや「Z1」と呼ぶしかありませんよね。ちなみに「Z2」も同じで、本来は「750RS、Z750FOUR」が正式車名です。不思議な現象ですよね。

プレミアが付くが維持は容易!?

1973 Kawasaki Z1

かくして、もはやレジェンドバイクとなった「Z1」。現在ではもプレミアが付いて、値段は高騰の一途を辿る一方となっています。これは国内だけでなく、海外でも同様となっているようです。ただ、ユニークなのは、今でも新パーツが出るほどアフターパーツマーケットが充実しており、他の絶版車に比べると、遙かに維持が容易となっています。これは意外なポイントですね。

それでは最後に「Z1」のサウンドを動画でお楽しみください。

いかがだったでしょうか? 何かとレジェンドと言われる「Z1」。カワサキの名を世界に広めた立役者は、サウンドもフォルムも非常に美しいですよね。こんな美しいバイクのオーナーになってみたいと思う方も少なくないことでしょう。筆者も余裕があればもう一度所有したいバイクの一つです。

参考 – カワサキモータースジャパン、Youtube : カワサキ Z1 エンジン音 

センカクダイバー

センカクダイバー

悲運の元パチンコ・パチスロライター。ベスパ歴27年、ミニクーパー歴2年のモッズ系猛禽類。旧車を好むクセに機械イジりや整備はサッパリというご都合主義者。