いま海外で軽トラがアツ過ぎる!日本の軽トラが外国で爆発的人気に

今、海外から意外なクルマが大注目されています。それはなんと軽トラ!海外のバイヤーが軽トラックの中古車を買い付けるためにわざわざ来日し、古い軽トラを買って輸出しています。なぜ今になり外国人が軽トラに夢中になるでしょうか。

 

アメリカで軽トラックが爆発的な人気!

今まで、軽自動車は日本仕様のまま海外へ輸入されることは非常に稀でした。しかし、SNSがネット、動画サイトが発展してから、徐々に日本の軽自動車が海外からも注目されるように「我々の国でも乗りたい!」という意見が多数見られます。

海外も普通車よりも排気量が小さいミニマムカーが生産・販売されていますが、軽自動車のような多数のモデルをラインナップし機能的なミニマムカーは日本だけ!

要は、軽自動車が世界中のミニマムカーの中でも最高のレベルに達しているわけです。

そんななか、日本の軽トラックが今注目を集め、中古車が北米をはじめとする海外に多く輸入されるようになり、いまや軽トラックは「Cool Japan」のひとつに挙げられるようになりました。

 

25年ルールで古い軽自動車がアメリカでは50万円!

アメリカでは一部の州を除き、日本仕様の右ハンドル車は法律上公道で走行できませんでしたが、25年経過したクルマでは右ハンドルのまま走行可能になります。

そのため、発売から25年(カナダでは15年)を超える日本車を自由に輸入でき、昭和から平成初期の多くの日本車がアメリカへ輸入されています。

そのなかで日本独自の規格である軽自動車も25年落ちなら輸入でき、中でも軽トラは「Mini truck(ミニトラック)」、中には「Kei truck(ケイトラック)」と日本名そのまま呼ばれることもあり、北米で人気が集中するようになってから現地で中古の軽トラの専門店まで出店されています。

日本で売られれば10万円前後で売られているものがアメリカでは50万円ぐらいで販売されるほどで、現在、北米への供給が追いついていないほどです。

 

トラックの本場アメリカで認められた軽トラック

そもそも、北米は個人で使用するピックアップトラックが国民的な乗用車として定着し、日本に正規輸入されていないピックアップトラックのフォード・F150はアメリカで一番売れているクルマです。

そんなトラック大好きな北米人が軽トラックに注目するようになったのは、小さくてチャーミングなルックスもさることながら丈夫でタフな車体や、未舗装道路の凹凸のある道でも乗り切ってします走破性、そしてシンプルな設計であるためカスタムベースとして楽しめるところです。

荷台を利用し、アウトドア道具やバイク、自転車を運ぶために使ったり、広大な敷地をもつ牧場では家畜の餌を運んだり、北米での使い方はさまざま。

趣味や仕事に北米でも日本同様多くの場面で軽トラは活躍しています。

 

軽トラックがいずれグローバルカーになるかも

北米でさまざまなユーザーに重宝されている軽トラの姿を見れば、日本よりも海外のほうが活躍できる場面が日本よりも多いのかもしれません。

北米の人々が軽トラックをただ物珍しさだけで購入しているのではなく生活を豊かにするツールとして使いこなされ、日本で乗られた軽自動車は新たな地でも活躍しています。