春先の寒暖差はこれで解消!パタゴニア「ネックウォーマー」最強説

日中は暖かいものの、日が落ちると同時に急に冷え込むなど、春先は寒暖差が激しいですよね。

薄手のジャケットをあらかじめ一枚羽織ったり、携帯するといった対策も重要ですが、バイクに乗っている時に意外と寒さを感じるのは首元ではないでしょうか?

そこでオススメしたいのが、パタゴニアから出ている携帯性や伸縮性に優れたネックウォーマー。突然の冷え込みにもバッチリ対応できる逸品ですよ!

 

そもそもネックウォーマーって何用なの!?

スコットランドで未婚の女性が付けていたヘアバンド(スヌード)から派生し、首元の防寒対策として誕生したものがネックウォーマー。日本では2000年頃から徐々に人気が出始め、今では長さや太さ、様々なマテリアルの商品があります。

また、いまやネックウォーマーは防寒対策としてのアイテムではなく、素材によって様々なシーンで活躍するマルチなアイテムへと進化しているのです。

例えば、一般的なフリースやニット、ファー素材はもちろん防寒用ですが、撥水・防風加工が施され、ストレッチ素材を使用したスポーツ向けのタイプも存在します。また、スキーやスノーボード、マリンスポーツなどでも使えるUVカット機能が備わったネックウォーマーもあるのです。

 

キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク

そして今回、数あるネックウォーマーの中でも激プッシュしたいのが、パタゴニアの「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」です。

軽量で伸縮性も優れた”キャプリーン・クール・デイリー素材”を使用し、吸湿発散性とU紫外線防止指数(PF)50+の特性があります。もちろん、ヘッドバンドや帽子、スカーフとしても使用することが可能です。また、速乾性も備えているので、夜洗濯しておけば翌日すぐ使えるのも嬉しいですよね!

 

商品名:キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク(パタゴニア)

価格:3,960円(税込)

素材:リサイクル・ポリエステル100%

サイズ:47cm × 23cm

重さ:34g

 

首元をほんのり温めてくれるだけではなく、紫外線をカットをして首の日焼けするのを防いでくれます。さらに超軽量かつコンパクトですので、クルッと丸めてポケットに入れておくこともできます。

「日が落ちて、ちょっと肌寒くなってきたな?」くらいだと、無理してそのまま走ってしまうのがバイク乗り。そして体調を崩すのが定番ですよね……。

そんな痩せ我慢しがちなバイク乗りには、適度な保温性と着脱の容易さ、そして携帯性に優れた”ネックウォーマー”がマストです。ぜひ今春から取り入れてみてくださいね!

パタゴニア

公式サイト

GEORGI

10年間バイク業界に携わっています。ビンテージバイク好きで、ナックル2台、パンヘッド1台、ショベルを3台所有。辛口な記事を書いていきたいと思います!