NIKE半端ねぇって!独創的で近未来チックなナイキスニーカーをご紹介!

ブーツやローファーなどの革靴っておしゃれだけど歩いてると疲れますよね。しかも高いし、ケア大変だし、雨の日とか萎えるし…でもスニーカー履いてたら「ガキっぽい」「ダサい」って言われそう…、ナイキとか…。

いいえ、断じてそんなことはありませんとも!今回は、足元のストレスに悩まされている貴方に、ナイキが誇る「かっこよくて快適なスニーカー」をご紹介してまいります!

 

Nike Zoom Vaporfly Elite Flyprint

蛍光色の繊維がはっきりと見えるこちらの靴は、ナイキの軽量スポーツスニーカー「ヴェイパーフライシリーズ」の最新作、エリートフライプリントです。非常に独特なデザインでみんなの視線を釘付けにできますね!

 

実はこちらのスニーカーのアッパーはなんと3Dプリンターによって何層にも積み重ねられた樹脂製のものなんです!つまり、ほかの繊維と違って水保有率が0%なんです!

 

ソールにはナイキズームXフォームという独自開発のクッショニングを採用しており、踵のランディングからつま先の蹴りだしまでの一連のトラベリングをばっちりサポートしてくれます!

 

こちらが試作品を開発している段階の制作風景です。いままでの靴の製造工程には見られなかった大型高精度3Dプリンタが生産ラインに加わり、プリント材をヌリヌリ出しています。

こちらの商品の入手方法は輸入に限られますが、その分日本での希少価値も抜群に高いので、おしゃれさんアピールとしてはなかなかに最強クラスのスニーカーなのではないでしょうか?

 

Nike Zoom Pegasus Turbo

シャープなデザインで足に翼を生やしてくれるこちらのスニーカーは、ナイキのZoomシリーズ最新作の「Pegasus」。その名の通り、まるで空を駆け巡っているように軽く、そして推進力のあるスニーカーです。

 

フライメッシュという軽量&通気性バツグンな素材を使用しているため、汗の不快感もなく次の一歩を軽やかに繰り出せます。

 

ナイキズームXフォームという特殊なクッショニングにより、足に全く負担をかけない理想の靴に仕上がっています。ナイキズームXフォームの秘密は、底のラバーソールによる衝撃吸収性ミッドソールのエネルギーリターン効率の良さにあります。

 

スポーツにももちろん使えますが、なんといっても特徴的な赤の一本線とマットなグレーが非常におしゃれですね!ワンポイントカラーとして、もしくは全体的なカラー構成を統一して挑むときれいにまとまりそうです!

[ナイキ] ズーム ペガサス 35 ターボ

カラーバリエーションはグレー×レッドのほかにブラック×ブラックホワイト×ブルーパープル×オレンジなどがあります。ド派手な色をハズしとして使うのもおしゃれですね!価格は19,400円です!

 

Nike Lab ACG.07.KMTR

次にご紹介するのはこちらのACG.07.KMTRです。シンプルな見た目ながら、細やかなギミックがあふれていてトークのネタにもできる社交的な都市型スニーカーです!

 

シルエットはいたって一般的ですが、素材に伸縮性の高い耐水繊維を利用しているため、雨の日でもへっちゃら&快適なスニーカーに仕上がっています!

軽量・高耐久性で有名なファイロン樹脂によって射出成型されたミッドソールとゴム製のアウトソールが、滑りやすい地面状況もある都市での確実なトラクションを実現しています。

 

そして注目したいのがこちらの磁石バックル。普通は靴ひもで固定する部分にスライド式の磁石バックルを採用することで、楽ちん&オシャレを実現しました!

 

そして後ろのトグル紐を引っ張ることによってアッパーが引き締まり、足に密着するようになっています。完全に従来の靴ひもシステムを排した独特なデザインは、面白い話のネタになりそうですね!

カラーバリエーションはブラックネイビーの2色ですが、後継のACG.07.CMTRが登場し、そちらにはグレーカーキがあります。どちらもお値段は23,760円です!

 

Nike SB Stefan Janoski Max “NYC”

最後にご紹介するのは、その名の通りニューヨークシティーをモチーフに、ナイキのプロデザイナーであるステファン・ジャノスキー氏によってデザインされたスニーカー。オールマイティーに使える汎用性の高い靴です。

 

アッパーにはレザーが使われており、スニーカーの中でもだいぶシックな見た目をしています。メタリックなナイキロゴのステッチがワンポイントになっていますね。

 

グレーのミッドソールには黒い斑点がいい按排にちりばめられていて、さりげないオシャレさが滲みだしています。攻めすぎず、上のコーディネートを邪魔しない優秀なスニーカーですね。

 

最後を飾るには少々地味かもしれませんが、よくよく見ると非常に合わせやすくて便利そうなスニーカーです。価格も他に紹介したものの半分の12,960円と、お財布にも優しい具合になっています。なんだかんだ言って一番履いちゃう系のスニーカーですね!

 

いかがだったでしょうか。なんだか子供っぽいイメージを抱かれがちなナイキのスニーカーですが、よくよく探してみるとこんなにもオリジナリティあふれるオシャレスニーカーたちがゴロゴロあるのです!

足のストレスに悩まされてる方は、ぜひスニーカーという選択肢を開拓してみてください。

※誤解されない様に注釈を。もちろんジョーダン1やダンク、フォース1、エアマックス1&90のようなローテクスニーカーもとっても魅力的だと思いますよ!

NIKE

東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウンタワー

公式ホームページ