【2019年秋冬】コスパ最強なワークマンのバイカー向け新商品を一挙公開

バイクに乗りたいと思っても、なかなか動き出せない厳しい季節がきましたね。寒い季節になると、防寒対策をしっかりしなければ、とてもじゃないけどバイクに乗ることなんてできません。

 

特にむき出しのまま何十キロものスピードで走るバイクに乗るには、ある程度しっかりした防寒装備を身に付けなければいけません。しかし高価なものを揃えるとなると、お値段もそこそこしてしまうため、「やっぱり冬はバイクに乗るのはやめておこうかな……」なんて思うかもしれません。

 

そんなあなたにおすすめのバイク用品はワークマンの防寒用品。ワークマンは現場で働く人向けの作業着や防護品を販売しており、高い品質のものをリーズナブルな価格で販売しています。

しかも、最近は現場作業で役立つ製品作りのノウハウを生かし、バイク乗りやアウトドアを楽しむ人向けの商品開発にも力を入れているのです。

 

その中でもワークマンが開発した撥水性のある防寒ウェアブランド「イージスシリーズ」の人気が高く、その性能の良さから口コミでどんどん広がり、バイク乗りの中ではかなり名の通ったブランドとして定着しているのです。

そこで今回は、ワークマンから販売されているコスパ最強の新商品と、イチオシのイージスブランドのレインウェアについてご紹介していきます!

 

ワークマンから販売しているコスパ最強の新商品

すでに様々なメーカーから秋冬用の新商品が販売されていますが、ワークマンからも魅力的な新商品が販売されていますのでご紹介していきます。全部購入してワークマンで一式揃えるのも構いませんし、お気に入りのものを見つけてすでに使っているものの中に取り入れてみても良いかもしれませんね!

 

防水防寒ジャケット

デニム長のシックなカラーの防寒防水ジャケット。ワークマンの商品は基本的に奇抜なものや派手なものが多いのですが、本製品は落ち着いた印象が強いため、アメリカンやレトロバイクなどにもお似合いではないでしょうか?

 

もちろん、防寒・防水性能も申し分なく、耐水圧や透湿度はレインウェア並みを発揮します。また、暗いカラーで夜間や視界が悪い時は「ちょっと危ないのでは?」と思うかもしれません。しかし、本製品は背中から方にかけてヘッドライトの光が当たると反射するリフレクター素材が埋め込まれており、視認性もしっかり確保されているので安心です。

 

裏ボアストレッチバラクラバ

真冬のバイクで特に辛いのが顔に当たる走行風ではないでしょうか?フルフェイスならまだしも、ジェット型や半キャップタイプであろうものなら、鼻先から頬にかけて真っ赤に腫れてしまうこともあるでしょう。

 

そんなときに重宝するのが、目隠し帽でもあるバラクラバ。こちらを被ってヘルメットをかぶるとかなり暖かくなるはずです。バラクラバは現場仕事をする人の間でも人気がある商品です。そのため、ワークマンから販売されるバラクラバは伸縮自在でかなり使い勝手が良いでしょう。バイクに乗るだけでなく、外で作業をする人は持っておくと重宝するかもしれませんね!

 

ハイネックインナー

冬用インナーといえばユニクロのヒートテックを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、さすがに走行風を防ぐことができないこともあります。

 

しかし、ワークマンが開発したハイネックインナーであれば、前身側にPUシートが貼り付けられているため、走行風が当たっても身体の中まで侵入することはありません。もちろん、伸縮性も高く、どのような服の中でも着用することができますので、バイクに乗らない日常生活でも使うことができるでしょう。

 

ヒーターベスト

ついにワークマンからどんなに厳しい寒さでも乗り越えられる防寒対策品が販売されました!ヒーターベストは内部に伝熱線が入っており、付属のバッテリーに繋げばあっという間に上半身がポカポカになります。

 

また、右胸の部分に3段回の温度調整ボタンが備え付けられており、最大50℃の暖かさまで設定することができます。バッテリーは使用環境にもよりますが、1回の充電時間で5時間〜17時間ほど使用できるそうです。

これだけのハイスペックを誇りながら、値段は9,800円とかなりリーズナブルですので、防寒対策に迷っているのであれば、まずお試しで購入しても良いかもしれませんね!

 

特に最強なのが「イージス」ブランドのレインウェア!

 

様々な防寒着が販売されていますが、中でも特に最強なのが、イージスのレインウェアと言えるでしょう。

ライダーの間で特に高い人気を誇っているイージスブランドは、大雨に対応しているのはもちろんですが、透湿性が高く、汗などで蒸れる心配もありません。また、中綿が入っているタイプもありますので、適度な保湿性が保たれるのも特徴的です。

 

さらにバイク用ということでバタつきを抑えるよう、裾元に絞り用のアジャスターが装備されていたり、後方からの視認性を高めるための反射材も付いていたりと、ライダーにとってはありがたい機能がたくさん備え付けられています。

 

もちろんフードは取り外し可能ですので、走行中にバサバサと煩わしい音を立てることはありません。しかもバイク用のレインウェアは、しっかりしたものであれば値段が1万円以上は当たり前でもあるのですが、さすがはワークマン。1万円以内で購入できるのも嬉しいところですね!

 

まとめ

ワークマンから販売されているコスパ最強の防寒用品をご紹介しました。冬場でもバイクを楽しむためには、しっかりとした防寒対策が欠かせませんが、その分費用がかかるのも避けられません。

 

そんなときは比較的値段が安く、品質もしっかりしているワークマンの防寒用品を購入してみてはいかがでしょうか?特に最近のワークマンは作業着以外のジャンルに大きく展開を始めていますので、今回ご紹介した製品以外にもたくさんのおすすめ商品が揃っています。

 

ワークマンの公式サイトからも最新商品が確認できますので、ぜひ一度調べてみてはいかがでしょうか?きっとお気に入りのものが見つかるはずです!

株式会社 ワークマン

東京都台東区東上野4-8-1 TIXTOWER UENO

公式サイト

もーりー

もーりー

車・バイクジャンルのWebライター。モータースポーツの聖地鈴鹿を拠点に9年間ロードレース活動をおこなっていますので、実体験をもとに様々な情報をご紹介します。