38万円+税で3人乗り!大いなる可能性を秘めた小型トライク「AP TRIKES125」

最近、日本の道路では、電動バイクや電動スクーター、三輪バイク(トライクorリバーストライク)、コンパクトタイプの電動自動車など、多種多様な車両が街中を走っています。

どれもが「実用性」を基本に開発された便利なモノですが、それはあくまでも「人」が乗って移動するモノ。本来、乗り物にはもっと”遊び心”というものもあっても良いのではないか?とも感じます。そんな中で、今回ご紹介する「AP TRIKES125」というトライクは、実用的な中にも遊び心も感じさせてくれる一台と言えるでしょう。

 

トライクは大排気量&高価格が当たり前!?

市場に出回るトライクモデルはなぜか、”乗って楽しみたい”という素直な動機を打ち砕くほど高価格なモデルが大半です。

ハーレー製トライクやカンナムなどは乗用車が買えるほどに高価ですし、250ccクラスのスクーターやクルーザーのリアを2ホイールにする”トライク化カスタム”にしても、カスタム工賃だけで100万円以上するのが現状。また、本来が大陸向けと言いますか、大排気量エンジンで高速道路を疾走することを想定したモデルが大半です。

開放感と安心感を求め、”遊び”で乗ることが主たる目的だと思いますが、なぜそこまで高性能&高価格なモノしかラインアップされていないのか不思議に思っていました。

 

このくらいがちょうどいい!「AP TRIKES125」

そんな中、昨年ユニークなトライクが販売されました。それがこちらの「AP TRIKES125」。125ccエンジンに4速の遠心クラッチ付で、屋根付き、ワイパー付き、なんとリアには2人乗れるので3人乗車可能!

それでいて車体価格は38万円+税と超リーズナブルなのです。言わずもがな、車両価格の他に整備費用や登録費用、消費税などが別途かかるものの、それでも乗り出しで合計50万円以下!これって、とても安いと思いませんか?(タイアップじゃないですよ)

 

「AP TRIKES125」のスペック

このトライクの最大の特徴は側車付軽二輪登録で公道走行が可能なこと。つまり250ccオートバイと同じ登録で3名乗車が認められる点なのです。

ただし、現実的に3名乗車となるとそれなりの危険が伴いますし、たとえ運転者1名だけの場合でも高速道路走行はオススメいたしません。輸入元のアライブプラス社も「高速道路を走行する権利はありますが資格がないですし、エンジンスペック的にも危険ですので絶対にやめてください」と警告しています。

しかし、このトライクの本来の素晴らしさは、リーズナブルに”楽しさ”が手に入るという点であり、のんびりと一般道を走りながら風を感じられることが醍醐味です。

ちなみに資格免許は中型以上の自動二輪運転免許(2021年3月8日修正:バイク免許は不要)、普通自動車運転免許(AT限定もOK)が必要となっています。

 

全ホイールアルミ製で、4.00×12インチのチューブレスタイヤが装着されています。

 

車両寸法は全長2,200×全幅1,000×全高1,650mmと意外にコンパクト。乾燥重量は232kgですが、一人で押したり引いたりすることも十分可能です。

なお、カラーは白が基本で、外装の刷毛塗で+5万円、内外装刷毛塗で+10万円というオプションもあります。

エンジン・車体ともに中国製なので、ここまでのロープライスが実現しているわけですが、輸入元のアライブプラスではアフターケアもしっかり整備されていて、5,000kmもしくは半年保証が用意されているほか、補修パーツ類も問題なく対応可能とのこと。

 

半日試乗してみた

さて、試乗車を半日お借りして乗ってみましたが、一言でいえば「楽しい」!

バイクとクルマの良い面を合わせ持ちながら、開放感も得られ、操作性はバイクを主としているため、バイク歴の長い筆者は非常に面白い乗り物だと感じました。

交通量の多い道路も走ってみましたが、十分交通の流れにのることもできますし、スピードも時速50kmくらいまですぐに加速してくれるため全く問題なしでした。

やはりトライク独特の操作性と言いますか、慣れるまでは右左折時に注意が必要だと感じました。普段からバイクに乗っている人なら最も難しいと感じるのは、ある程度スピードが出ているときのカーブ走行で、ハンドルの切り具合とスピードの調整は十分考慮しなければ上手く走れません。

また、クルマと違ってバイクのハンドルには遊びがないため切角度のデリケートな調整が難しい。それでいて、フロントに結構な負荷がかかるので、暴れそうになるハンドルの制御にはそれなりの力が必要でしょう。と、辛口に書き綴ってみましたが、初めての運転操作につき序盤は腕に力が入っりぱなしだっただけで、要するに慣れないうちから無謀な運転をしなければ、十分安全ですのでご安心を!

 

操作性のチェック

ミッションは4速のロータリー式で手動タイプ。運転席横にあるシフトレバーを前に一回押すとロー、次に押すとセカンド、サード、トップといった具合。

 

メーターに0、1、2、3、4とデジタル表示されるので、今いったい何速なのかで迷うことはありません。ちなみに0はニュートラルを表しており、ロータリー式ですからトップギアからもう一度レバーを前に押すとニュートラルに入るので、信号などで停止する場合に重宝します。ちなみに、クルマの免許しか持っておらずバイクの運転経験がない人は、ギアチェンジ時に必ずアクセルを戻してからシフトチェンジすることを忘れずに!

 

バックギアも標準装備

キャノピー一体型ですが一人で押せるくらいの重量で、車幅も意外なまでにスリムなのに、標準でバックギアが装備されているのは嬉しい限り。

ギアがニュートラルになっていることを確認して、シフトレバーの横にある少し小さな前進・後退レバーを後ろに押すとバックギアに入るので、その状態でシフトレバーを前に一度押してローギアに入れれば後ろに動く仕組み。

元に戻すには完全に停止した状態でギアをニュートラルにして前進・後退レバーを前に押せば前進状態に戻ります。

 

運転席とリアシート

運転席は前後にスライドできるので、身長の高い人でも窮屈感は感じません。その後ろには最大2名乗車できるベンチシートが用意されているわけですが、現実的に2名並んで乗車するには少し窮屈。代わりに荷物を置くスペースとして考えれば、十二分な空間となっています。もちろん大人と子どもでの2名並んで乗車であれば、なんなく座れるものの、シートベルトがないので公道走行時はあまりオススメしません。

 

ということで、このリアスペースは、利用方法を工夫して有効利用するのが一番でしょう。現実的にはリア乗車を1名だけにして、あとはキャンプグッズなど少し大きめの荷物も楽々運べる。そうイメージしていただくだけでも、このトライクに可能性を感じていただけるのではないでしょうか。

 

騒音はやや大きめ、でもUSB装備は嬉しい

運転席の真下にエンジン、マフラー、インテーク、ドライブシャフトなどがあり、走行中の騒音は少し大きく感じました。あえてエンジンがむき出しになっているので、これは仕方がないのかもしれませんが。

 

また、ハンドル下には今や当たり前となりつつあるUSBの充電ソケットが2個付いていたり、ワイパースイッチも用意されている。

 

ちなみに、サイドブレーキは無く代わりに前後ブレーキレバーを固定する方式が採られています。国産スクーターにもあるように、ワンタッチで解除できる方式で効果は十分でした。

 

それ以外の装備といえば、ヘッドライトのハイ・ロー切り替えやウインカースイッチ、ホーン、セルボタンなど一般的なバイクと同様、至って簡単ですので誰でもすぐ使いこなせるでしょう。

 

ソロキャンやお買い物にピッタリ

ということで、半日のインプレッションを終えた感想として、このトライクは”チョイ乗り”と”一般道ツーリング”にピッタリなのではないでしょうか。

子供や奥さんを乗せて近所のスーパーマーケットへの買い物や、田舎道をのんびりとツーリングするにはうってつけでしょう。

特に昨今注目されているソロキャンプなども、ツーリングを兼ねてその足として利用するにはもってこいでしょう。なんといっても雨が気にならないですし、125ccという排気量から田舎道や海沿いの道路をのんびりとツーリングするのにも、本当にちょうどいいサイズ。

高速道路を使ってより早く(速く)、より遠くへ行くよりも、近場の山や海の匂いを感じながらトコトコと走るのが醍醐味でしょう!

 

自分仕様のカスタムにも可能性を感じさせる

オプションのリヤキャリアも使えばかなりの荷物も積めますし、D.I.Y的に自分好みの改造も存分にできる余地がありますので、まさに自分だけのオリジナルトライクに仕上げることだってできるでしょう。

ボディーの基本カラーが白色というのも、輸入元の配慮なのでは?とさえ考えてしまいます。好みのカラーリングにすることが簡単で、それを考えるともう一つの使い方として、移動販売車や宣伝、デリバリーでの使用も考えられます。またアイデアの一つとして、観光地での使用も可能性があるのではないかと思います。停車時にあまり場所を取らないほか、街中を走ってればアイキャッチにもなるため、宣伝効果も期待できるのではないでしょうか。

 

無限の可能性を感じさせてくれる、コンパクトな屋根付きトライク「AP TRIKES125」。

乗り出し価格が50万円以内で、維持費も安いこのトライクは、今の時代にこそマッチしたコミューターなのではないでしょうか。

気になった方は、ぜひ試乗してみてください!

アライブプラス[輸入元]

公式サイト

アーキテックトレーディング[販売]

公式サイト

PRIMARIDE[販売]

公式サイト

松並学

松並学

広く、浅く、何にでも興味を持ってしまう老人一歩手前の九州人。カップルのことをアベックと言いそうになることを一番注意している今日この頃。