【2020年】電動バイク市場の今に迫る!アジア編

電動バイクはアメリカやヨーロッパ圏のメーカーが目立っていますが、実は日本を含むアジア圏も徐々に電動バイク開発の勢力を伸ばしています。電動バイクのメーカーはマイナーなメーカーが多いと思われがちですが、日本を代表するメーカーであるヤマハやホンダなども電動バイクの展開が始まっているのです。

今回のコラムではヤマハやホンダ、スズキなど日本の代表的なメーカーを含むアジア圏の電動バイクの今を解説をいたします。

 

ヤマハ

日本を代表する大手バイクメーカーのヤマハは現在E-Vinoという電動スクーターを展開しています。

E-Vinoは従来から展開されていたガソリン車であるビーノを電動バイクに展開したもので、ポップな可愛さとコロンとした愛らしさはそのままにエコロジーな電気で動くようになりました。

 

E-Vunoの特徴はバッテリー本体を取り外して充電ができるので、外にしか駐車スペースがない人でもバッテリーだけを家庭用コンセントに接続できれば簡単に充電ができます。

さらに従来のスクーターらしいハンドル下の荷物入れと、シート下にも10リットルの収納スペースが用意されているのでちょっとしたお買い物にもぴったりです。

一回のフル充電で約30kmまでの走行が可能ですが、遠くにまで出かけない街乗りが多いライダーであればおあつらえ向きの電動バイクと言えるでしょう。

 

ホンダ

BENLY e

ホンダでは過去に商用向けに電動バイクを展開していましたが、現在は電動バイクの展開がありません。

しかし近年ではまた電動バイクへの注目が集まっていることから、既存バイクであるベンリィとジャイロの特徴を踏襲した電動バイクの展開を2019年の東京モーターショーで発表しました。

 

いずれも一般家庭用向けではなく、あくまでビジネス向けのバイクとして展開される予定なので個人での入手は難しいことが予想されますが、国内外の活況に触発されて近い未来にホンダが個人向けに電動バイクを展開されることが大いに期待されます。

 

スズキ

スズキもホンダと同様に現在では電動バイクの展開はありませんが、過去にイーレッツという電動バイクを展開していました。

イーレッツは名前のとおり既存のガソリン車であったレッツを踏襲した電動バイクで、2012年ごろに展開が始まっていたことを考えると日本における電動バイクの先駆者であったといえます。

 

特徴としては近年の日本製スクーターには珍しく前カゴがあり、ちょっとした食材の買い足しに奔放するお母さん世代には嬉しい機能を備えていました。

充電も家庭用コンセントからできていたので一般家庭のチョイ乗り用バイクとして重宝されること間違いなしですが、2020年現在では販売が終了しているので悲しいところです。

 

KYMCO

KYMCOは台湾に本社があるオートバイメーカーで、近年では電動バイクの展開が発表されています。

 

官能的なモーターサウンド!キムコ・スーパーNEXが電動バイク最速!?

イタリアで開催されたミラノモーターサイクルショー2019によると、KYMCOは2021年にRevoNEXという中〜大型の電動バイクを展開予定です。見た目はスポーティなレーサーレプリカのようですが、既存の日本バイクにも負けず劣らずの素早い加速と4つの走行モードからお好みの走り方を実現できます。

メーターもデジタルで見やすく、直感的に操作ができるのでバイクがはじめての人でも取っつきやすいといえる仕様でしょう。

 

まとめ

電動バイクはアメリカなどのメーカーばかりが展開しているように思いがちですが、実は過去に電動バイクを展開していたり、ヤマハに至っては電動バイクを販売中であり決して遅れてはいません。

ホンダとスズキは現在では取り扱いがありませんが、乗り物の電動化が進んでいる近代ではまた同社から電動バイクが展開される日も遠くないでしょうから、同社たちの今後に期待して待ってみてはいかがでしょうか。

 

「電動バイク市場の今に迫る!」シリーズ

【2020年】電動バイク市場の今に迫る!ヨーロッパ編

【2020年】電動バイク市場の今に迫る!アメリカ・中国編

【2020年】電動バイク市場の今に迫る!ベンチャー編