ロボットアニメ好き必見!Kenstomotoのカスタムバイクがアツすぎる

Kenstomoto_Azimuth

アニメに漫画、そしてゲーム。世界でも日本を代表するサブカルチャーとして知られていますが、中でもロボットを題材としたSF作品は「ガンダム」を筆頭に高い人気を誇っています。そんなカッコいいもの好きな方なら必見のカスタムビルダーが、実はマレーシアにいるのです。

 

その名は「Kenstomoto」。ビルダーのKennyさんが主催するショップで、日本のロボットアニメに大きく影響を受けたカスタムバイクを多数作り上げていることが特徴です。今回ご紹介する「Azimuth」もそんな一台。ガンダム風カスタムバイクを楽しんでいってください。

 

ベース車はイタリアンバイクBenelli「TnT300」

Benelli「TnT300」

KenstomotoがAzimuthのベース車として選んだバイクはBenelli「TnT 300」です。Benelliは1911年設立のイタリア発祥の老舗メーカーで、一時的に消滅したこともありましたが、ユーザーのアツい要望を受けて何度となく復活。現在は中国有数のバイクメーカー「銭江グループ」傘下に属しています。

 

TnT300は、異形の一眼ヘッドライト、トリコロールのワンポイントが施されたトラスフレーム、ダブルディスクのブレーキなどかなりスポーツバイクとして作り込まれていることが見て取れます。

 

Azimuthをイカしたバイクにしている3つのポイント

(C)paultan.org

Kenstomotoが世に生み出したバイク「Azimuth」は「方位角」という意味。飛行機が進行方向に正しく飛ぶために欠かせない指標です。Azimuthもまた、「日本のアニメの影響を受けたカスタムバイク」というKenstomotoの方向性を示しているバイクなのかもしれませんね。

その特筆すべき工夫は下記の3つです。

 

想像力を掻き立てられる多燈ヘッドライト

Kenstomoto_Azimuth

(C)paultan.org

見た目に強烈なインパクトを与えているのが、ヘッドライト。タンクの左右に2つのLEDライトとそれらの中央に配置された4つのLEDデイライトが装着されています。

悪路を走るラリーカーのようにも見えますし、整った未来感のあるフォルムと相まってアニメや戦隊ものの乗り物のようにも見えます。クモの目のようだと思う方もいるかもしれません。ライトひとつで様々な想像をしてしまいますね。

赤・銀・黒で統一された情熱的なペイント

(C)paultan.org

カラーパターンもかっこよさをアップさせています。銀色をベースに要所要所に赤色を大胆に取り入れ、シートやエンジンなどは黒で統一。赤・銀・黒の組み合わせは色彩の観点からも相性が良く、落ち着きと情熱を両立させた印象を与えます。

 

ウルトラマンは銀と赤ですし、サッカーのACミランのユニフォームは赤と黒です。赤銀黒は少年のヒーロー色とまでいえるかもしれません。

タンク側面にペイントされたAzimuthの文字もクールです。感情のこもっていないフォントの無骨さが、機械感をアップさせています。

 

エッジが効いたシートとカウル類

(C)paultan.org

シート周りやカウル類の大きな変更も必見です。TnT300標準の2人乗りシートはシングルに付け替えられ、フロントタイヤの後ろにもカバーが追加されています。そして、両者ともエッジの効いた形状で、横から見るとまるでナイフのように鋭く、存在感抜群です。

 

ガンプラの世界にもエッジを出してシャープなかっこよさをアップさせる「エッジ出し」という工程があります。流線型にして抵抗を少なくしたいバイクとエッジは相反するものですが、Azimthはうまくエッジ出しをして機械的なかっこよさを演出しています。

 

外観と実用性を両立させたカスタムバイク

(C)paultan.org

AzimuthはKenstomotoのバイクでも実用性が高いカスタムバイクです。走る止まる曲がるのバイクとしての基本的な部位はTnT300から大きな変更はありません。しかし、ガンダムのようなカスタムを加えることで、周囲の目を引くオリジナリティあふれるバイクになっています。

 

ビシッとライダージャケットを着て颯爽と乗りこなせば、気分はまるでヒーローやモビルスーツのパイロット。子供の頃の憧れを実現できちゃいそうです。

Kenstomoto

Facebook

じゃこ

じゃこ

元バイクメーカー勤務で現職エンジニアのバックパッカーです。国内外の旅行先でツーリングするのが好き。最低限の仕事をしながら旅していた世捨て人。