まるでラピュタの巨神兵!? アシメが魅力的なドゥカディのカスタムバイク

今回紹介するカスタムバイクは、筆者が当メディアにて既に紹介したBCR(Benjie’s Cafe Racers)の製作によるカスタムバイクです。バイク好きでそうでない人も、間違いなく一目見たら振り返るであろう独特・個性的・近未来的なデザインを持ったバイクとなっています。製作にあたってテーマや、特徴的な部分をチェックしていきましょう。

米国人がカスタムしたハーレーベースのスクランブラーがゴツくて魅力的!

 

ベース車両は2013年式のドゥカティ ハイパーストラーダ

BCR’S CANYON CARVERのベース車両は2013年式のドゥカティ ハイパーストラーダになります。

純正のデザインに飽きてしまったオーナーから依頼を受け、製作することに。広大な道路や街乗りでの使用を前提とし、性能面でのアップグレードに重きを置いた再設計が始まりました。

控えめでありながらも際立つようなデザインにして、ベースとなった車両がドゥカティ ハイパーストラーダだと聞いた人々が驚くようなものにしたい、ということもオーナーの希望だったのです。

 

重厚感あるデザイン

これがBCR’S CANYON CARVERです。この写真を見てまず目がいったのはその何か独特なヘッドライトであった人は、数多いことでしょう。

 

どういった点が独特さを醸し出しているのかと言うと、フロントフォークを基準としてオフセットされたヘッドライト・ポジションが挙げられます。バイク正面から見ると中心から右側にずれる形で装着されているのです。近未来感すら感じさせます。

 

独特な形・取り付けをしているヘッドライトに加えて、ヘッドライトを固定するブラケットの角ばったデザインも印象的です。シンプルで無駄のない形状となっています。バイクのボディ全体とのギャップのある感じで、近未来感がさらに強いです。

 

シートやタンクの土台となるサブフレームの製作から開始

車両製作にあたってまず着手されたのがサブフレームです。タンクとシートの取り付けに当たって、先にサブフレームから製作する必要があったのがその理由となります。

 

 

2本のサイレンサーはオフセットして装着されています。

 

美しいタンクと高級感のあるシート

こちらはタンクの写真。ワンオフで製作されているのが大きな特徴で、ヘッドライトとは対照的なほどに丸みを持った形状になっています。カラーリングはマットブラック(艶なしブラック)をベースに縁をゴールドという感じで、バイク全体のカラーリングとの一体感も高いです。

タンクはバイクのデザインにおいて最も重要なものであるということは数多くのカスタムビルダーが口を揃えて主張していることですが、BCRにとってもそれは同様です。まさに渾身の作品と言うことができるでしょう。

 

タンクのガソリンキャップはキーレス仕様となっています。

 

トップブリッジにあるフロントフォークナットや、リアサスペンションの構成部品レッドカラーになっていることがわかります。部分的に鮮やかな色を取り入れることで落ち着きの中にも華やかさを持ったデザインとなっている点は、ポイント高めです。

 

シートの素材にはカーボンファイバーとアルカンターラを採用し、ゴールドステッチを加えることでタンクとの統一感を生み出しています。シートから高級感が溢れ出ています、モータースポーツ好きなら必ず一度は憧れるアルカンターラも魅力的です。

 

絶対に目立つ見た目が大きな特長

BCR’S CANYON CARVERは、バイクに興味のある人・ない人など誰が見ても高確率で振り返ること間違いなしの個性的・独特なスタイルを持ったカスタムバイクです。人とは違う個性的なカスタムバイクを製作したいと考えている方、参考にしてみてはいかがでしょうか。

Benjie’s Cafe Racers

Edison, New Jersey, USA

Facebook

公式サイト