初心者必見!教習所に通う前に買っといたほうがいいものって?

ようこそ、バイクの世界へ!これから「免許を取ったらバイクは何を買おうかな。初めて走りに行く場所はどこがいいかな」なんてワクワクしているアナタに送るのが今回の記事です。

 

二輪免許を取る心の準備ができたら、次は道具の準備ですね。服装は?どんな物が必要?ヘルメットは借りた方がいいの?買った方がいいの?などさまざまな疑問が浮かんでいるかと思います。教習に向けて絶対に必要な物やあったらいいな!をまとめましたので、教習をはじめる前の参考にしてみてくださいね。

 

服装は長袖、長ズボン!

入所の時に説明があるとは思いますが、基本的に教習中は長袖、長ズボンです。もちろん真夏でもです。半袖、半ズボンだと、転んだ時にケガをするリスクが大きかったり、エンジンやマフラー部分に直接皮膚が触れて火傷の恐れがあるためです。

 

靴は、かかとがあって、くるぶしが隠れる物だったら大抵オッケーですが教習所によってはローカルルールがある所も多いので、事前に確認してくださいね。

紐のある靴は、ギアチェンジをした時に引っ掛かる事もあるので、あまりオススメできません。

 

基本はレンタルしてくれるけど買った方がいい物も

服装と靴がちゃんとしていれば、教習所でヘルメットやプロテクターは貸してくれるので手ぶらで行く事も可能です。でも教習をストレスなく進めるためにも、自前で買っておいて損はないものもあります。

 

ヘルメット

ヘルメットは自分の物を買う事をおすすめしたいもののひとつです。教習所にあるヘルメットは、不特定多数の人がかぶっているのでハッキリ言って臭い!真夏なんてもう、それはそれは……。

サイズも平均的な物しか置いていない事が多いので、頭が小さい人や大きい人は自分に合ったサイズが無いかもしれません。

 

少しお金はかかってしまうけれど、ここは思い切って購入してしまいましょう。何よりマイヘルメットをかぶると、やる気が違ってきますよ!免許を取ったあとに乗るバイクが決まっている人は、お目当てのバイクに合わせてコーディネートしておくなんていうのも良いですね。

無地から奇抜なカラーリングまで色々なデザインがあるので、自分好みの物を探してみてください。

 

ヘルメットは、顔を覆うフルフェイスタイプか顔が出るジェットタイプがいいですね。ハーフヘルメットはとても危険な上、教習所で禁止されている所も多いのでやめておきましょう。ヘルメットは、命を守る大切なアイテム。やはり値は張るけれど、しっかりとした物を選んでおいて損はないですよ。

 

グローブ

グローブが無い場合は軍手でOKという教習所も多いですが、軍手はスベスベしているので、どうしても滑ってしまいがち。ものすごく疲れます。

グローブも自分の手に合った物を買っておくと、アクセルを操作しやすくて楽ちん。特に小柄な女性は、手が小さくて握力が弱いことが多いのでクラッチ操作で苦戦します。グリップの良いグローブを選んでおくと教習が捗りますよ!

 

レインウェア

雨の日の教習は休めばいいじゃない。と思うかもしれませんが、なかなか日程が合わず予約が取れない日が続いたりすると、せっかくの予約をキャンセルするがもったいなくて、雨だけどやってみようという気になったりします。それに、雨の中の走行は普段と路面状況が全く違うので、経験をしておくべし!

 

路上デビューしたら、急な雨に遭遇する事もしばしばですし、雨の走行の感覚を覚えておけば、路上で慌てなくても大丈夫です。

そんな雨の日の教習ではレインウェアを着ます。もちろん貸出しもありますが、これも不特定多数の人が着ているので気持ちの良い物ではありませんよね。ニオイも……気になります。雨で蒸れて……ね。

レインウェアも自分の物を用意しておくと安心です。いずれ使う物なので、買っておいて損はナシ!

バイク用でなくても、釣具店やガテン系仕事服のお店でも良い物を売ってますよ。裾がバタつかない物を選ぶのがポイントです。

 

これから教習を受けるプレバイカーさんへ

教習所はバイカーへのはじめの一歩。教習を受ける中、どうしても苦手な科目が出てきたり、教官の言葉にへこんだりする事もあると思います。でも初めてなんだから、できなくて当たり前なんです。

自分のペースでバイクを楽しんで走らせてみてください。きっと今よりもバイクが大好きになりますよ!

 

jaychay

jaychay

トップガンに憧れてニンジャに乗ってしまったバイク女子。現在はバイク育児休暇中の2児のママです。女子目線からバイクの魅力を発信していきたいです!