最高かよ!ツーリングに来て良かったと思える非日常の瞬間5選!

当日の走行ルート計画を立てたり、途中で立ち寄るスポット情報を調べたり、愛車のメンテナンスをしたりと、出発するまでの過程も楽しいツーリングですが、現地ではそれ以上の楽しい事が待っています。

 

ツーリングの楽しさは、ズバリ「非日常」であり、いつもとは違う新鮮な体験がライダーを待っています。

 

今回は今度の週末に、そんな非日常の世界を味わいたくなる、ツーリング中に思わず「最高かよ!」と言いたくなる瞬間をまとめてみました。

 

ツーリング先のワインディングロードを走った瞬間

ツーリングに行く目的のひとつは「愛車と気持ちの良いワインディングロードを走りたいから」ではないでしょうか?山が迫ってくる道、海が迫ってくる道、草原を貫く道、、、信号も渋滞ない、心地よいコーナーが連続するワインディングロードを走る瞬間は、ライダーにとって非日常の極みです。

 

日頃は持て余し気味の愛車の性能も、ここで一気に解放することが出来るので、今まで気付かなかった良さを発見出来るかもしれません。

 

自分が気持ちよく走っていると、同じく最高の瞬間を味わっているであろう、対向車線を走るライダーからのピースサインに「最高かよ!」と思ってしまいます。

 

ツーリング先で目の前に絶景が広がる瞬間

愛車と絶景を求めて走るのまた、ツーリングの目的のひとつです。ライダーは何よりも「自由」を愛する種族なので、スケールの大きい開放的な景色が大好物です。

 

愛車とワインディングロードを駆け抜けた先に広がる自然の大パノラマ、目の前に広がる大海原など、これらの非日常的な景色に心奪われる瞬間は、まさに「最高かよ!」の一言です。

 

この感動は車で行くと決して味わう事が出来ない、バイクで行ったからこその達成感が与えてくれるものです。

 

ツーリング先で美味いランチを食べた瞬間

せっかくツーリングに行くなら、ランチはコンビニ飯よりご当地の美味しい料理を食べたいのが心情です。肉料理に海鮮料理、麺類に丼物、さらにはインスタ映えする料理など、これらを食べるのもまた非日常の瞬間です。

 

食事はツーリング中に最も印象に残るイベントのひとつなので、多少値は張るかもしれませんが、ここは思い切って財布の紐を緩めてみましょう。

 

普段のワンコインランチとは別次元の美味しさに、思わず「最高かよ!」と心の中で叫んでしまうこと間違いなしです。

 

ツーリング先で綺麗な夕日を見た瞬間

ツーリング先で見る夕日というものは、何故あんなにも惹かれてしまうものなのでしょうか?愛車と1日たっぷり走った、今日という日の締めくくりとして、夕日は最高のイベントです。

 

バイクと夕日は最高のフォトジェニックコンビなので、ツーリング中の写真としてはこれ以上ないものが撮れます。

 

そもそも日常では「よし、夕日を見て締めるか!」なんて思わないはずで、これもやはりツーリングという非日常体験の中での「最高かよ!」と思える瞬間と言えます。

 

ツーリング先でキャンプをしている瞬間

キャンプはそれ自体が非日常的な遊びですが、ツーリングと組み合わせることで、さらに非日常的な遊びへと進化します。愛車から荷物を降ろしてテントを張り、身軽な格好に着替えた瞬間は、まさに「最高かよ!」の一言です。

 

夜は何も考えずに、ただ焚き火の火を見ながら、日常の喧騒を忘れてコーヒーを飲む時間もまた最高な瞬間です。

 

キャンプをするという事は、つまりは明日もツーリングが続くという事で「明日はどこに行こうかな?」とテント内で考える行為が、何よりも贅沢な時間だったりします。

 

今回のまとめ

ツーリングとは、バイクを通して味わう「究極の非日常体験」です。

繰り返される毎日に飽きている自分がいたら、愛車と非日常の世界を味わいに行きましょう。