バイカー専用の筋トレメニュー!? コロナでポヨった体を鍛え直せ!

「カッコよくバイクに乗りたい!」「長時間走っても疲れないカラダを手に入れたい」などバイカーもスポーツを楽しむ人たちと同様、カラダについての悩みはつきません。ここはひとつ、バイカー向けの筋トレでバイクに乗るために必要な筋力を手に入れましょう!いつもよりもスタイリッシュに乗りこなし、走りに違いを感じてみませんか?マッスル!マッスル!

 

セパハンで腰痛?腹筋を鍛えるべし!

筆者もずっとスーパースポーツに乗っていましたが、前傾姿勢強めのセパハンは長時間の運転でなくても、腰が痛くなりがち。信号待ちで伸びをしてみたりしても、やっぱり症状は改善しない……。ちびっこなのでそこまではキツくはなかったですが、カラダの大きな人ならもっと負担は大きいことでしょう。

そこで鍛えておきたいのが腹筋です。トレーニングは簡単かつ効果抜群な「クランチ」がオススメ。仰向けに寝転がり、ヒザを90度に曲げて足を上げます。腰を上げないように背中から起き上がり、おヘソをのぞき込むような形で数秒キープ。元の位置に戻したら、この動作を繰り返します。

簡単そうだけど、けっこうキツい。プルプルします。最初は無理をせずに少しづつやってみてくださいね。インナーマッスル鍛えられますよ!

 

長時間走ると首が痛い?僧帽筋を鍛えるべし!

さて、長時間同じ姿勢で運転をしているバイカー、特に前傾姿勢となるスーパースポーツに乗っている人には首がつらいという話をよく聞きます。またオフロードバイクやアメリカンクルーザーでも風の抵抗をもろに受けているため、首への負担は相当なものです。そこで鍛えてあげたいのが僧帽筋

僧帽筋とは後頭部から、首、鎖骨、肩、背中にかけてついているひし形の筋肉です。この筋肉を鍛えたり、ストレッチをしてあげることで肩コリの解消にもなります。

僧帽筋を鍛えるには懸垂が一番の方法といわれていますが、あまり簡単にはできませんよね。最近では公園に鉄棒も少なくなってきています。

そこでオススメしたいのが、自宅でもできる腕立て伏せ。つらい!という人は足をのばさないでヒザを地面につけた状態でやってみるところからでOK。これで慣れてきたら普通の腕立てへとステップアップしてみて!

 

アクセルワークで手首が疲れる?手首を鍛えるべし!

筋トレの中でも以外とマイナーな部位と言われる手首。でも実はとても重要な部位で、鍛えることでパフォーマンスを上げているアスリートも多いです。野球やテニス、ボクシングやキックボクシングなどの打撃系格闘技の選手は特に大切にしていると聞きます。

手首の付近には筋肉が少なく、筋トレをしたからといっていきなり太くなったりはしません。どちらかというと筋肉を強くするトレーニングです。特に女性にはオススメ。長時間のアクセルワークやクラッチ操作で手首がプルプルしちゃうという方も多いのでは?

 

オススメしたい筋トレは、グーパー運動です。とっても簡単!足を肩幅くらいに広げて両手でグーパーグーパーを繰り返し1分間。インターバルを入れてまた1分。1日3から5セットくらいが目安です。手首だけではなく、握力も鍛えられるので一石二鳥。座った姿勢でもできるので、お風呂に浸かりながらもいいかもしれませんね。

 

とにかく!体幹を鍛えるべし!

体幹トレーニングは様々な種目のアスリートが重視しています。バイカーにとってももちろん大事。体幹がしっかりしていれば、立ちゴケ防止にもなるしコーナリングもカッコよくキメられる!

 

そこでやっておきたい定番のトレーニングと言えば「プランク」です。シンプルだけど効果抜群なのです!

腕とつま先に体重をのせて、頭からかかとまでを一直線にするような姿勢をして体を支えます。特に器具を使ったりすることもありませんので、自宅で簡単にトレーニングができるのも良いですね。短い時間でも構わないので無理をしない程度で長く継続することが大事です。

 

Let’s マッスルライディング!

バイクにカッコよく乗るための筋トレだったけど、気が付いたらカラダまでカッコよくなっていた。なんてこともあるかもしれませんね。引き締まったボディでマッスルライディングを楽しんでくださいね。

ツーリングの道すがら、視線を独り占めしちゃうのはキミだ!

jaychay

jaychay

トップガンに憧れてニンジャに乗ってしまったバイク女子。現在はバイク育児休暇中の2児のママです。女子目線からバイクの魅力を発信していきたいです!