中免ライダーに朗報!BMW「C 400 X」はラグジュアリーなミドルスクーター!

普通二輪免許でも乗れるBMWとして注目を集めた「G 310 R」。59万9,000円という車両本体価格(消費税込み)の安さにも驚かされました。

 

このスタイルは魅力!BMW「G 310」シリーズの派生モデル「G 310 GS」が国内販売されるぞ!

さらに世界的に人気の”GS”という名を冠した派生モデル「G 310 GS」の国内販売が発表されたことも、既報の通りです。

 

「C 400 X」はミドルサイズのプレミアムスクーター!

そんなBMWモトラッドがミラノショーで発表したニューモデルが、今回ご紹介する「C 400 X」。400ccクラスのビッグスクーターです。

BMWモトラッドの現行ラインアップには、既にプレミアム・ビッグスクーター「C 650」と……

 

国内販売が開始!BMWモトラッド初の電動スクーター「C evolution」は実用の域に達しているのか?

当サイトでも度々ご紹介している電動スクーター「C evolution」が用意されています。

 

そこに新たに加わるこの「C 400 X」は、普通二輪免許でも乗れる“ミドルサイズのプレミアムスクーター”という位置づけになります。

BMWモトラッド製品ですから、ミドルクラスであってもプレミアムなわけです。

 

「C 400 X」はシティコミューターとしての役割を果たしながらも、単にA地点からB地点までを移動するツール、としてだけでなく、そこに”乗る楽しさ”の要素を加え、さらに所有欲をも高める工夫がされています。

 

搭載するエンジンは総排気量350cc水冷単気筒SOHC4バルブ。”G 310″シリーズとは別エンジンであり、最高出力は25kW(34hp)@7,500rpm、最大トルクは35Nm@6,000rpmと、クラスを考慮すれば充分な性能を有しています。

そこに組み合わされる変速機には、日本的なVベルト式無段変速ではなく、CVTを採用しています。

 

フレームは(残念ながら写真は公開されていませんが)頑丈なスチール製チューブラー+アルミ鋳造ユニットにスイングアーム+リア2本ショックという構成です。

 

ちょっと横道に逸れますが……ホイールベースは1,565mm。ヤマハの250ccモデル「XMAX」が1,540mmですから、車体サイズは標準的だと言えましょう。

車両重量は乾燥で193kg、装備で204kgです。

 

さて、機能パーツに戻ります。フロントフォークは35mm正立タイプ。

フロントブレーキは265mmダブルディスク+4ピストンキャリパーの組み合わせ。リアブレーキは前と同じ265mmディスクに1ピストンのフローティングキャリパーの組み合わせ。ABSも標準装備と、万全の体制です。

ホイールは前15インチで後14インチ。アルミ鋳造ホイールを履いています。

 

充分な性能のエンジン+CVT変速、それに適した車体構成により、楽しい走りを予感させる「C 400 X」。

所有感の面では、同社のプレミアムスクーター”C 650″シリーズと共通の、既存モデルにない斬新なスタイリングが眼を惹きます。

 

フロントフェイスはアインメトリックなデザインとされており、ヘッドライトは勿論LEDを採用。

 

風防効果の高い、それでいて巨大過ぎないスクリーンを装備しているほか……

 

充分な容量(数値は未公開)のストレージを確保しています。

 

残念ながら標準装備とはなりませんでしたが、オプションにて6.5インチフルカラー液晶ディスプレーを装備可能となります。

 

絶滅危惧種”ビッグスクーター”復活の先鋒に期待!

今や国内では絶滅危惧種となりつつあるビッグスクーターですが、BMWモトラッドのミドルサイズのプレミアムスクーター「C 400 X」は、ジャンル復活の先鋒になってくれそうな予感もあります。

「BMWに乗りたい!」と願う普通二輪免許ライダーも少なくない日本ですから、これは是非、国内に導入してもらいたいモデルです。期待しましょう!

 

「C 400 X」のスペック

  • 全長×全幅×全高:2,210×835×1,305mm
  • 軸距:1,565mm
  • シート高:775mm
  • 車両重量:乾燥193kg、装備204kg
  • エンジン:水冷4ストローク単気筒 / SOHC4バルブ
  • 総排気量:350cc
  • ボア×ストローク:80×69,6mm
  • 圧縮比:11.5
  • 最高出力:25kW(34hp)at 7.500rpm
  • 最大トルク:35Nm at 6.000rpm

 

参考-BMWモトラッド(グロバール)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。