fbpx

BMWの人気スクーターCシリーズに2021年モデルが登場!「C400X」&「C400GT」を同時発売開始!

BMWモトラッドの大人気アーバンモビリティースクーター「Cシリーズ」に、ニューモデルが登場し、つい先日発売開始になりましたね。

ミドルスクーターの需要が高まっている今だからこそ、これは嬉しい情報ではないでしょうか!

 

新型「C400X」&「C400GT」

外装面では旧型とそこまで変化はなさそうですが、エンジンは排気ガスの厳しい基準”ユーロ5″に対応しており、新機能としては電子制御式スロットル(ライド・バイ・ワイヤ)によってスムーズなスロットル操作が可能になっています。

また、ACS(オート・スタビリティ・コントロール)はより強化され、濡れた路面や悪路でも快適なトラクションを発揮してくれます。

C400X

C400GT

 

「C400X」&「C400GT」のスペック

※【】内はC400GT。その他スペックは共通

価格:87万円(税込)〜 /【93万円(税込)〜】

排気量:350cc

最高出力:25kW (34PS) at 7,500 rpm

最高トルク:35 Nm (5,750 rpm)

最高速度:139 km/h

燃料消費率 / WMTCモード値 (クラス3)、 1名乗車時:28.57km/L

軸距(空車時):1,565mm

シート高(空車時):775mm

インナーレッグ曲線、空車時:1,762mm

燃料タンク容量:12.8L

全長・全幅・全高:2,210・835・1,305 mm【1,437mm】(ミラーを除く)

車両重量(走行可能・燃料満タン時):206kg (乾燥重量: 195kg) /【214kg (乾燥重量: 202kg)】

 

カラーは各3種

カラーリングは、C400XもC400GT共に3種類存在します。が、グラフィックによっては追加で料金が発生するので要注意!

 

「C400X」のカラーリング

ブラック・ストーム・メタリック/レーシング・ブルー・メタリック(+2万6,000円)

ブラック・ストーム・メタリック 2

グラナイト・グレー・メタリック(+6,000円)

「C400GT」のカラーリング

アルピン・ホワイト

ブラック・ストーム・メタリック 2(+2万6,000円)

カリスト・グレー・メタリック(+6,000円)

 

その他の画像はこちら!

シート下の収納スペースは上部照明に切り替えることで、昼夜問わず視認性が向上しています。また、ブレーキキャリパーはJ.Juanのダブルディスクブレーキシステムを導入することで充分なストッピングパワーを発揮。さらにフロントポケットには、12V電源とUSBポート、ETC2.0が標準装備されるなど、かなり贅沢な仕様となっています。

 

「C 400 X」の詳細

 

「C 400 GT」の詳細

 

どっちを買うべき?

どちらを買うべきか悩んでしまいますが、どちらも同一のエンジンを搭載しており、スペックも大きく違わないので、これは好みで決めていいでしょう!

みなさんは無骨なフェイスが特徴の「C400X」とスタイリッシュでアーバンルックな「C400GT」どちらが好みですか?

BMW Motorrad

公式サイト

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。