fbpx

【BMW R18 トランスコンチネンタル】艶やかで上質なBMW渾身の大陸横断クルーザー

北米やヨーロッパで特に人気のあるグランドアメリカツーリングセグメント。これまで同セグメントは半ば一社独占状態であったが、ロングツーリング需要の増加を背景に、昨今各バイクメーカーのリリースでさらに熱を帯び始めている。

そして今回ご紹介するのは、BMWモトラッドの史上最大排気量となるクルーザー「R18」シリーズの派生モデルであり、同セグメントに新風を吹かせる大陸横断モデル「R18 Transcontinental(トランスコンチネンタル)」だ。

 

R18 Transcontinental

そしてこちらが、新しくR18シリーズに加わったグランドアメリカツーリングセグメントの「R18 トラインスコンチネンタル」。トランスコンチネンタルは日本語で大陸横断を意味し、長距離走行を想定して開発されたモデルである。エンジンやフレームといった基本的なパーツはR18シリーズで共通しており、先日ご紹介した「R18B」も同様だ。

【BMW R18B】妥協なきBMW謹製バガーのポテンシャル

なお、今回試乗した”ファーストエディション”は、コントラストカットのホイールやエンジンカバーなど各部にクロームパーツが使われているほか、タンクやフェアリングにピンストライプが施されており、非常にエレガントな雰囲気が漂う。

 

大人な雰囲気をみせる「R18 トラインスコンチネンタル」

バイクに跨り、車体を水平に保ってサイドスタンドを払う。やはり車重400kgオーバーは軽いとは言えない。

しかし、走り出してみると、フルドレスの見た目とは裏腹にステアリングがとても軽かった。それもそのはず、通常フロントフォークはステアリングステムよりも前側にオフセットするところを、逆オフセットの設計となっているため、スムーズなハンドリングを実現しているのだ。

 

感動すら覚える充実の装備

クルマと変わらぬ優秀なACC

ヘッドライト上部にあるのがACC用のレーダーセンサー

まず特筆すべき機能は、標準装備のACC(アクティブクルーズコントロール)だ。一度ONにしたら猪突猛進な簡易ACCとは全く異なり、クルマと同様に車間距離を一定に保ちながら速度を自動調整してくれる。さらに、このACCはコーナリングコントロールシステムと連動しており、コーナリング時に最適速度へと減速調整してくれる。

 

10.25インチの大型フルカラー液晶ディスプレイ

スピードメーター、タコメーター、ガソリン残量メーター、パワーリザーブメーターはあえてアナログタイプとなっている。その下に鎮座するのが、オーディオシステムをはじめ様々なデータを表示する10.25インチの大型フルカラー液晶ディスプレイだ。新旧融合のデザインレイアウトが実に美しい。

 

こちらは左側のスイッチボックス。操作を集約するため仕方のないことだが、ある程度の慣れは必要だろう。ちなみに、スイッチボックスとグリップの間にあるのは、液晶ディスプレイに投影されるシステムを操作するためのコントローラー。

 

サウンドシステムはアンプメーカーのマーシャルと共同開発

楽器を嗜む筆者が個人的にグッときたのが、こちらのギターアンプメーカー「マーシャル」と共同開発したサウンドシステム。

そうか!BMWはドイツのメーカーで、マーシャルも……イギリスだ。コラボレーションの経緯は不明だがシンプルにかっこいい。

 

パニアケースにもオプションで装着できる。ちなみにパニアケースの容量は27L。

ドイツのアンプメーカーといえば筆者個人的には「ヒュース&ケトナー」だが、あえて一般知名度の高いマーシャルと共同開発するあたりは流石と言える。

 

質感の高いトップケース

トップケースにはホールド性の高いバックレストが装備されており、シートヒーターまで完備という徹底ぶり。

 

トップケースの容量も48Lが確保されており、工夫すればヘルメットは2つ収納することができる。

※ジェットヘルメットなら2つ余裕で収納可能

 

バックギアも標準装備

先の通り車重はヘビー級だが、バックギアが標準装備なので安心だ。ちなみにクロームメッキのレバーがバックギアのON/OFFレバーで、その右上にあるのはシガーソケット。

 

大迫力のビッグボクサーエンジン1,801cc!

そしてこちらが、R18シリーズ共通で搭載されている新型ビッグボクサーエンジン(1,801cc)。この造形美をおかずに白飯3杯くらい食べられそうなほど完成度の高い仕上がりだ。なお、大排気量ボクサーゆえに始動時はかなり左右に振られるため、多少の慣れが必要だ。

 

充電可能なスマホ用ラゲッジスペース

タンク上部には、スマートフォンを充電しながら収納できるラゲッジスペースを完備。できればカバー部分はクリアにして欲しかったが、十分ありがたい装備だ。

 

雅やかなエクステリアと充実の機能が叶える大人の走り

防風性の高いウインドディフレクターも非常に優秀

ビッグボクサーエンジンの鼓動を感じながらグリグリと力強く走る「R18トランスコンチネンタル」は、低重心な設計ゆえに安定感も高い。また、上品に仕上がったエクステリアと、ACCをはじめとする充実の快適装備が、乗るたびに感動を与えてくれる。

 

超大型な大陸横断モデルをスリムに乗るという選択

バイクの中でも、最も大きい部類に属する大陸横断モデルのクルーザー。アメリカンなルックスだからといって、ゆとりたっぷりの革ジャンにジーンズという典型的アメカジで乗るのでは芸がない。気品漂う「R18トランスコンチネンタル」であれば、あえてスリムなスタイリングというカウンターも良いのではないだろうか。いや、むしろその方がハマっているとさえ感じた。

 

今回試乗した「R18トランスコンチネンタル」は、一見「〇〇っぽい」と揶揄されそうなものであるが、実際にバイクを見て、触って、乗ってみると、全くの別モノであることがすぐにわかった。

今後、グランドアメリカツーリングセグメントにおけるハーレーの好敵手として、市場に大きなインパクトを与えることは間違いないだろう。

 

BMW R18 Transcontinental [ファーストエディション]

  • エンジン:空油冷2気筒4ストロークボクサーエンジン
  • 排気量:1,801cc
  • 最高出力:67 kW(91PS)/4,750 rpm
  • 最大トルク:158 Nm/3,000 rpm
  • 全長×全幅×全高2,650×970×1,500(mm)
  • シート高: 720 mm
  • 車両乾燥重量:427 kg
  • 燃料タンク容量 約24 L
  • メーカー希望小売価格 :403万2,000円(税込)〜

【BMW R18B】妥協なきBMW謹製バガーのポテンシャル

BMWモトラッド

公式サイト

forRide編集部

バイクをサクッと楽しむショートニュースメディアを発信する「フォーライド編集部」です。 これから乗ろうと思っている人や初心者〜中級者くらいまでの人を大切に、乗り物のある生活や楽しみ方を提案し続けます!