ハーレーに負けないドデカさ!スペイン人のカスタムしたBMWがいかついぜ!

ちょい古のBMWモトラッドをベースにしたカスタムは、当サイトでもたびたび取り上げていますね。

 

王道ならではの美しさ!安価ながらもかっこいいBMWカスタムバイク!

このようなカフェレーサーに仕上げるのが主流ではありますが……

 

【一目惚れ】トラッカーカスタムされたBMW R100 RSがイケメンすぎる!

トラッカーカスタムなんかも出て来ていまして…… 車両本体のお値頃感とエンジンの存在感から、ちょい古なBMWモトラッドをベースにしたカスタムは、今、絶頂期を迎えていると、個人的にはそう思っているのですが……

 

BMWモトラッド「R100」ベースのボバー!

今回ご紹介するのはコチラ!ベース車両は「R100」なのですが、かなり完成度が高いお姿をしているのです。それも何と言いましょうか……ボバーと呼ぶべきか、ミリタリー風味でもあり、独特の雰囲気を醸し出しています。

制作したのはエストニアのカスタムビルダー”Renard Speed Shop“です。

 

今更ながらですが、ボバーというのは”ボブ”=短くする、という英単語を語源とする、カスタマイズの一つの方向性であります。前後フェンダーを外したり短くしたり、小振りなライトに換装したり…… といった手法でして、まさに本車両はボバーなのですが…… 一方で光沢感のないマット塗装がミリタリー風味をプラスしておるのであります。

 

エンジンとメインフレームはオリジナルを踏襲しており、エンジン、ギアボックス等はキッチリとOHされていますが、それ以外の部分については、ほぼほぼ手が加えられています。

 

ディテールへのコダワリが半端ない!

まず目につくのはフロントフォーク。ハーレー用スプリンガーを加工して搭載しています。ステムベアリングのハウジングを加工した、という、賢いながらも手が込んだ作業を行っています。これはボバーの肝となる、低くて短くシルエットを獲得するために必須だったのだとか。

ヘッドライトは、教科書通りに小柄なボディに換装。良く似合っています。

 

シートは60年代のBMWモトラッドを彷彿させるサドルタイプ。一品物として制作されたもの。

 

前後ホイールは16×3.5サイズ。純正ハブと、アルミリム、オリジナルで制作したスポークにより組まれたもの。文字として読んでしまうと簡単ですが、そのパーツセレクトから加工、組み立てを考えると、実は相当レベルの高い作業なのであります。タイヤは5”サイズのファイヤーストーン製品をチョイス。これもまたドハマりしています。

 

ということで今回は、ミリタリー風味のボバーをご紹介してみました。カスタムする際の参考にしてみてください!Renard Speed Shopの活動が気になる方は、更新がマメなFacebookの方もご確認ください!

Renard Speed Shop
Telliskivi 62, 10412Tallinn, Estonia

  • info@renardspeedshop.com
  • (+372) 5646 1036
  • 9:00 – 19:00

公式ホームページ