【何言ってんだ】アフリカツイン1000R!? スイス人カスタムビルダーの発想が自由すぎる!

モーターサイクルのカスタムには、誰が定めたかは知りませんが、幾つかの王道というものがあるように思います。例えば、「ネイキッド」→「カフェレーサー」「スクランブラー」といった感じだと、フムフムと納得しやすかったりします。

ところが……今回ご紹介するのは、そうした王道からは外れたカスタム。タイトルカットとしてご覧いただいたのは、皆さんご存知のアノ車両なのです!

 

見た目はアフリカツインっぽい……

そのカスタムバイクを今一度ご覧頂きましょう。制作したのは、スイスのカスタムビルダー、というかホンダ・ディーラーのBrivemo Motorsでございます。正直に告白しますと、このBrivemo Motorsのことを筆者は知りませんでした……

で、ご覧の通り、パッと見は「アフリカツイン」なわけです。念のためリアル「アフリカツイン」の画像も載せておきますと……

 

コチラが「アフリカツイン」であります。はい……確かに良く見比べるまでもなく、まったく別の車両ですね……ただし! なんとなくソレっぽく仕上げていることは、ご理解頂けたのではないでしょうか?

で、驚くべきは、そのカスタムベースとされた車両なのです。

 

ベースはナント「CB1000R」だった!

ナント……驚いたことにベースとされたのは「CB1000R」なのであります!

 

確かにエンジンやガソリンタンクなんかには、その面影が残っていますが、アップタイプのフェンダーやオリジナルのシート+シートカウル、それにヘッドライト周辺がアドベンチャースポーツモデルっぽく、あるいはガンダムチックに仕上げられていて、何だかカッコいいのです。

排気系にはBespoke製品の4-1をチョイスしています。

 

あまりにジャストフィットしているので見逃され勝ちですが、フロントの倒立フォークは「CRF450R」用をゴッソリ移植しているそうです。

文字で表現するのは簡単ですが、トリプルツリー付近の加工は容易ではなかったはずです。

 

このカスタムバイク、お名前は「Africa Four CRF1000R」というのだそうです。この角度から見ると、リア片持ちでなおさら良い眺めなのであります。

 

スイス人の自由な発想に脱帽!

ということで今回はBrivemo Motorsが制作した「Africa Four CRF1000R」をご紹介してみました。

実はこの車両、フランスで毎年開催されているモーターサイクル・イベントWheel & Wavesに出展された1台なのですが……その独創性を高く評価した筆者(笑)が、今更ながらにご紹介したというわけです。

同イベントには、他に面白いカスタムバイクが出ていましたので、機会がありましたらご紹介したいと思います。

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。