手間がかからない!ツーリングにおすすめの美味すぎるキャンプ飯特集

キャンプツーリングのクライマックスは、星空を眺めながら食べる、キャンプ飯の時間に他なりません。

しかし、持っていける荷物の量が決まっているバイクだからこそ、なるべく手間をかけずに、簡単に作れるキャンプ飯が理想です。

 

コンビニ飯には飽きたけど、手間のかかる料理は面倒臭い…… そんなワガママなライダーにオススメしたい、簡単に作れるけど美味い、そんなキャンプ飯を紹介します。

 

キャンプ飯の定番「カレーライス」

キャンプ飯といえばカレー、もはや説明不要のキャンプ飯の王道的な存在です。ライダーにオススメなのはズバリ「レトルトカレー」で、バーナーさえ持っていけば、お湯を沸かして突っ込むだけで調理完了です。

 

レトルトカレーはツーリング先のスーパーやコンビニで、ご飯と一緒に簡単に入手する事が出来るので、食材が荷物になるということもなく、そして間違いない美味しさです。

 

ライダーの定番キャンプ飯「ラーメン」

カレーライスがキャンプ全般における定番メニューなら、ラーメンは「ライダーの」定番キャンプ飯です。どこか眺めの良い場所で、ただカップラーメンを食べに行くだけのツーリング「ラーツー」という言葉があるほど、ライダーとラーメンは切っても切れない関係です。

 

バーナーでお湯を沸かして、インスタントラーメンを作るのも良し、ラーツーよろしくカップラーメンでもキャンプだと美味しさが倍増します。荷物の積載スペースに余裕があれば、調味料や予め刻んでおいた野菜、海苔なども一緒に持っていけば、トッピングで贅沢な気分を味わえます。

 

プラス一品に便利なキャンプ飯「ホットドッグ」

適当なパンを選んで、そこにバーナーとコッヘルで焼いたウインナーを乗せるだけのお手軽料理「ホットドック」は、あと一品何かを加えたいときに重宝するキャンプ飯です。

 

ケチャップとマスタードを加えてみたり、刻んだ野菜やチーズや卵などを加えてみたりと、アレンジ次第で味や見た目を変化させる事が出きる優秀なキャンプ飯でもあります。

 

茹でるだけの簡単キャンプ飯「パスタ」

パスタは昔からキャンプと相性の良いメニューで、基本はパスタを茹でて市販のソースと混ぜるだけの簡単調理です。バーナーでお湯を沸かす事さえ出来れば、誰でも簡単に作れる料理なので、初めてのキャンプ飯としてもおすすめのメニューです。

 

最もキャンプらしいキャンプ飯「BBQ」

最近はソロキャンプ用のコンパクトなBBQセットが充実しているので、バイクでも十分BBQセットが積載可能です。BBQは後始末がちょっと面倒というマイナスポイントがありますが、もっとキャンプらしいキャンプ飯と言えます。

 

仮にツーリング先がご当地ブランド肉の産地なら、BBQは恐らく極上のキャンプ飯になります。野外で炭火で肉を焼くと、何故こんなにも美味しいのでしょうか?

 

今回のまとめ

ツーリング先で食べるキャンプ飯は、何がどう転んでも美味しいものです。はじめは今回紹介したような手軽なものからはじめて、徐々にグレードアップしていきましょう。

 

星空を眺めながら温かいものをお腹に入れると、それだけで心も体も幸せになるものです。ぜひご賞味ください!