ニューモデル速報!インドホンダのビッグシングル「CB350 RS」が発表!

ホンダがオンラインにて魅力的なニューモデルを発表しましたので、ここでは速報としてササっとご紹介して行きます。

ベースとなったのはインドで既に市販されている「H’ness CB350」。H’nessはハイネスと読みます。ヘインズではありません…。

 

CB350 RSは単気筒エンジンを搭載!

さてさて、発表そのものはオンラインで行われたのですが、その現場は……インドであります。彼の地では、ご存知の通り、ロイヤル・エンフィールド(単気筒モデル)が根強い人気を誇り、そこにホンダも打って出よう、ということで既に「H’ness CB350」というロードモデルを販売しているのですが、その上級版として投入されたのが「CB350RS」であります。

 

その最大の特徴は、「H’ness CB350」から引き継いだロングストロークの単気筒エンジン。ビッグシングルなのであります!

実は詳細は未発表なのですが、スペックはベースモデルから不変であると仮定すると、最高出力は15.5kW @ 5,500 rpmと、なかなかに……控え目であります。が、そんなことはどうでも良いのです。のんびりトコトコ走るのが楽しい単気筒モデルなのですから!

 

エンジンスペックはそこそこですが、こちらの「CB350 RS」は、なかなかに侮れないのです。ちゃっかりスリッパークラッチやトルクコントロールを装備しています。これにはインド人もビックリすることでしょう!

冗談はさておき……

 

CB350 RSは装備も充実している!

ヘッドライトとウィンカー、それにテールランプは全てLED。デザインも現代的なスタイリッシュさを感じさせます。

 

ツートンのガソリンタンクはカワサキ製250cc単気筒モデルみたいですが……タックロールシートはスムースで雰囲気満点です。

 

何故かフロントフォークブーツがクローズアップされているのですが……これが誇らしい装備ということではなく「H’ness CB350」からのアップデートを表現しているものと思われます。

 

CB350 RSの日本での発売はあるのか?

ということで今回は、ホンダが発表したニューモデル「CB350 RS」をササっと紹介してみました。日本での発売も想定されている、との噂もありますが、どうなるのでしょうか?

もしもオフィシャルでは発売されないとしても、海外小排気量モデルの輸入を盛んに行っているあのバイクショップさんであれば、近い将来仕入れてくれるかも知れませんね。

カスタムベースと考えると魅力的ですが、350ccという排気量がどうでるか……公式発表を楽しみに待ちたいと思います!

 

Honda 2 Wheelers India

Facebook

Honda BigWing India

Youtubeチャンネル

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。